ブログで稼ぐ

WEBマーケッターが副業ブログに強い理由とは!

こんにちは、しろうさぎです。

皆さん、WEBマーケッターって何の仕事をしてるかご存じですか?また副業でブログをやっている人で本業がWEBマーケッターと言う人も多いと思います。僕も今年の6月から広告代理店事業をやっている企業に転職しました。


ブログをやっている方なら何となく思う事だと思うんですが、WEBマーケッター兼ブロガーの人って何となく稼いでいる感じがしませんか?

僕はブログで月7万が最高ですが、それでもWEBマーケッターの立場に立って今日の記事を書きますね。

WEBマーケッターが副業ブログに強い理由

WEBマーケッターとは?

今の時代、各企業がWEBサイトを保有してますよね。コーポレートサイトからオウンドメディア、教室なんかをやっている場合は予約サイトなんかもそうですね。

WEBマーケッターはそのWEBサイトに如何に効果的に人を呼んでくるか?と言うのが仕事になります。広告を使ってもよし、SEOで攻めてもよし。仕事でWEBの事をやっているだけあって、どこでどのサービスが出来た!とか、このサービスが人気!と言う情報も色々な所から入ってきます。

当然グーグルアナリティクスやサーチコンソールなども使います。要はブログ運営に必要な事を本業でやっている訳なんです。

では、本題に行きますね!

①会社のWEBサイトデータが見れる

先ほども書きましたが、本業でもWEBサイトに人を呼ぶのが仕事になりますし、会社のWEBサイトデータも見れます。当然個人よりも大きなデータの集合体が見放題なんです。

こんなキーワードでこんなに人が来るんだ、とか分かる訳なので副業でブログをやっていた場合、当然そのデータは生かす事が出来ますよね。個人的にはかなりの強みだと思っています。


また、副業ブログで培った知識を本業で使い、本業で出てきたデータを元に、副業ブログで新しい事にチャレンジ。そんな事が出来るのは「WEBマーケッター兼副業ブロガー」くらいだと思います。


またキーワードだけでなく、WEBマーケッターは人によってサイトのUIUXのワイヤーフレームを組んで効果検証したり、LPのABテストをして効果検証をします。毎日そんな事をやっているので、WEBの知識がたまるのがとにかく早いです。


他社との打ち合わせも頻繁にあり、色々な情報が入ってきますからね。

②ブログに必要なツールの使い方が仕事で覚えられる

グーグルアナリティクスから始まりサーチコンソール、それ以外でも月額課金のツールだったりも使います。当然Ahrefsなどを使うケースもあります。僕は今は会社でAhrefsを使ってますし、GRCも使ってます。

ツールは1人で覚えるよりも、複数人で色々な使い方をしたほうが良いです。絶対に吸収が早いし、自分では思いつかなかった使い方を見つける事が出来ますからね。

③会社のお金で広告運用ができる

広告も当然会社のお金を使って勉強する事が出来ます。極端な話、自分のお金ではない分、かなり気楽にできますし、色々チャレンジもできます。リスティング広告からSNS広告、最近だとYOUTUBE動画など。給料をもらいながら勉強できる環境は好きな人にはたまらないと思います。僕もこの業界に来て13年経ちますが、死ぬまでWEB業界を離れるつもりはありません。

④副業OKの企業がほとんど

やっぱりWEB業界なので副業の大切さを知っている企業が多いです。副業でネットショップをやる人もいますし、ライティング専門の人もいます。僕みたいに「副業ブログ」もやりながら「ECコンサルタントも副業で」やるという人もいます。中には副業なのに法人を立ち上げた人もいます。

とにかくスキルアップについては貪欲なのがWEBの企業の特徴です。

⑤会社のお金で有料セミナーに参加できる

僕はグーグルアナリティクスやECの運営、広告運用など1回3万円程度のセミナーに何回か参加してます。モノによてはハズレもありますが、逆もあります。自腹で3万円のセミナーとなると僕の場合は絶対行きませんからね(笑)

⑥WEBやシステムに詳しい友達が出来る

ワードプレスで副業ブログを始めたころ、本当に孤独でした。当然グーグルアドセンスって何?と言う会社でしたので、全部自力でやりました。その時に「WEBの事を気軽に聞ける仲間がいればなー」と何度も思いました。

今の会社環境は皆がそれぞれ得意分野があるので、何かしらの答えがつかめます。結果として自分の知識の蓄積が早くなるんですね。

⑦副業の知識がそのまま本業で使える

  • (1)本業で培ったWEBの知識を副業で生かす
  • (2)副業では本業でできなことに挑戦
  • (3)結果、副業の知識でまた本業の新しいWEBの事が出来る

企業でやる以上、コンプライアンスや表現の規制があります。SEOや被リンクも自分の一存で変更する訳にもいきません。

そこで副業の登場です。

副業では同じブログメディアでも本業ではやらない事や分野を攻める事で、新しいWEBの知識が身に付きます。例えばブラックハットSEOとかね。そんな良いループが出来上がります。

⑧給料が上がりやすい

これは本業でも副業でも同じような事をやっています。本業の知識を副業で使い、その経験がまた本業で使えます。本業のみの人に比べて成長速度や知識の蓄積が早いです。結果として給料に反映さえるケースをよく見ます。


ちょっと話がそれますが、趣味のブログが評価されてWEBマーケッターの仕事に就くことが出来たという人もたまに見ますね。WEBの業界って最初の参入障壁だけはちょっと高めなんです。僕もアパレル業界からWEB業界に転職して来た時は大変でした。

ここまで振り返ってみると、WEBマーケッターが副業でブログをやれば、稼げない理由が無いですよね。沢山稼げなくても、お小遣い程度の金額が稼げる知識やスキルは間違いなく身に付くと思います。

亀さん

WEBマーケッターが副業でブログをやると成果が出やすい環境がそろっているのは分かって頂けたかと思います。せっかくなので今度はデメリットもついでにご紹介します。

WEBマーケッターが副業ブログをやる時のデメリット

それは仕事と趣味の境目が本当にわからなくなる事なんです。本業でもワードプレスをいじって、趣味のブログでもワードプレスをいじってとなるので、最初の頃は良いのですが、月日が経つと本当に境目がわからなくなるデメリットがあります。

仕事も趣味の延長との感覚が強くなるので、ある意味心が休まらない状態が続きますね。WEBマーケッターの方は公私混同しないような努力が必要ですね。

白兎

一口にWEBマーケッターと言っても沢山あります。

  • (1)自社メディアのマーケッター
  • (2)他社メディアのマーケッター
  • (3)EC系のマーケッター

大きく分けても上記のような分類ができますし、それぞれやる事が違います。僕の場合は(1)です。実は(1)か(3)がおすすめです。(2)の場合、クライアントが発生しますし、見てるWEBサイトも自分の企業のメディアでないので、あまり検証などができないケースがあります。

その点(1)はオウンドメディアとなるので、自分に力量があれば、色々な事に挑戦できます。なのでもしWEBマーケッターを目指して副業でブログも頑張るぞ!って方がいましたら(1)をおすすめします。

まとめ

今日の内容はあくまでも『WEBマーケッター×副業ブログ』にフォーカスしましたけども、見方を変えると『専門職×副業ブログ』なんてのもニーズがすごいあると感じてます。

僕も近い事をやっていて『ECコンサルタント×副業ブログ』の形式を1部にさいようしており、このブログを見て『ココナラ』のECコンサルタントを購入してくれた方もいらっしゃいました。

会社員として副業で月10万円達成!副業は複数戦略で攻めて稼ぐ

https://www.shirousagi.site/entry/side_job_100000yen

大事なのは『誰にも書けない記事を書く』が重要なのかなと思います。

現役のECコンサルタント:
yamanne
本業では企業に属したECコンサルタント。副業ではココナラでECコンサルタントの仕事をしています。EC歴15年。副業で月額2万円の本業さながらのECコンサルやってます。ブログも執筆。ECとブログで来年法人設立予定。コンサルの依頼はお問い合わせからお気軽に。
\ Follow me /