ECコンサル記事

ECコンサルタントが丁寧に説明!ドロップシッピングとは?

ECコンサルタントの白兎(@shirousagi_memo)です。

最近ドロップシッピングの事を考える機会あり、過去に僕もドロップシッピングで副業をやっていた事もあったので、良い機会なので記事にまとめておこうと思いました。

コロナがあり、副業でネットショップを運営しようとする人は多いですね。特にブログやアフィリエイト、ネットショップ運営が人気だと思います。

詳しい知識が無くても参入する事が出来ますからね。

ドロップシッピングとは?

ここではドロップシッピングについてわかりやすく説明して行きたいとおもます。

ドロップシッピングとアフィリエイトは似てる

ドロップシッピングとは、ネットショップのフロント部分だけを用意して、そこから入ってきたユーザーが何か商品を買ってくれた場合、受注処理から、発送まですべてをドロップしっピグの業者がやってくれます。

それを考えると、ドロップシッピングはネットショップのようで、実はアフィリエイトに近いです。

ドロップシッピングは完全無在庫のネットショップ

そう、ドロップシッピングは無在庫です。上で説明した通り、僕たちはネットショップのお店を準備するだけなんです。特に仕入れも必要ないですし、決済方法を準備する必要もないんです。

ドロップシッピングで有名な企業

ここでは、ドロップシッピングをやりたいと思った人に向けて、どの業者が良いの?と言うのをご紹介します。

トップセラー

TopSeller

トップセラーとは株式会社スクロールグループ内の株式会社もしもが運営するドロップシッピング対応の仕入れサイトなんです。

特に商品数が多く、売りたいものはある程度見つかると思います。商品ページなどの情報も整っていて、僕たちがやる事は商品を見つけて、自分のお店に商品を登録するだけ。

多分日本で一番大きいドロップシッピングのサイトでは?と思います。メリットやデメリットありますが、使ってみるのが一番良いと思います。

勝てるネット仕入れ《オロシ─》

勝てるネット仕入れ《オロシ─》【orosea】

日本タイガー電器株式会社と言う企業が運営する仕入れもできるし、ドロップシッピングにも対応している仕入れのサイト。

このオロシーと言うサイトの良い所は、実際楽天市場などでも売れてる商品があると言う事。美容系に強い商品を多数扱っているのが良いですね。実は美容系のドロップシッピングのサイトって結構少ないんです。

ドロップシッピングのメリットとデメリット

では、実際にドロップシッピングをやろうと思った人に向けて、ドロップシッピングのメリットとデメリットを説明して行きます。

ドロップシッピングのメリット

  1. 無在庫でネットショップを開ける
  2. 決済方法や在庫の心配がない
  3. 副業で取り掛かるにはリスクが少ない

そもそもドロップシッピングはアメリカから入ってきたネットビジネスなんです。ネットショップをリスクが無くオープン出来るという事で当時話題となりました。

ネットショップをやろうと思った時、一番のネックになるのが商品の仕入れです。当然それだけ先立つお金が必要なのですが、ドロップシッピングは必要ないです。また商品ページを作るスキルも必要なし。だって商品の説明ページはすでに用意されてます。

ドロップシッピングのデメリット

  1. 商品の差別化が出来ない
  2. 通常の仕入れに対して利益が少ない
  3. 送料無料などの販促が難しい

ちなみに先日、こんな記事を書きました。

ドロップシッピングのデメリットは上記の3点。誰でも簡単にネットショップが運営出来る分、同じ商品を他の人も販売してます。しかもかなりの数。

商品の差別化が出来ない問題

そうなるとSEOなどあったものではありません。どうやって検索以外で集客するか?がポイントですし、これを解決しないと多分売れません。

一番は楽天にお店を開くのが一番ですが、ドロップシッピングだけで楽天市場の審査を通すのは至難の業。僕なら先に集客用のブログを育てて、そこからドロップシッピングのお店を開きます。

利益が少ない問題

ドロップシッピングは上記で説明してきた通り、注文以降の対応はすべて業者がやってくれます。なのでその分のコストは引かれますので利益はかなり少ないです。

単純に純利益だけが入ってきます。月のネットショップのコストを回収するには結構な数を売らないといけないのです。でも今は無料のショッピングカートあるので、それをまず利用する事をおすすめします。少しでもコストを抑えて楽に運営したいですからね。

アイコン名を入力

白兎さんはどっちがおススメなんですか?

アイコン名を入力

正直、上の2つは無料で使えて、コストは決済手数料の5%のみ。となるとSTORESかな?このSTORESはほかにも拡張機能が沢山あるからね。

ドロップシッピングで勝ち抜為には?

  • 商品名にキーワードを追加する
  • 商品を絞り、ページ内にキーワードを足す
  • 仕入れ商品も販売、オリジナル感を出す
  • 広告費をしっかり確保する
  • ショップだけでは無理なのでSNSやブログをフル活用

上記で書いた事は最低限です。

これをやれば売れるというより、売れる可能背が増すと思ってください。そのくらい敵が多いのがドロップシッピング。

ドロップシッピングだけで勝負は無理だと思っています。売れてるお店は、楽天市場などでオリジナル商品も販売しながら、ドロップシッピング商品も売買して売れてる訳です。

そうなると、色々な意味で勝てなくなるのです。自分なりの何か?をどうやって作るか?だと思ってください。

僕ならこうやって勝負する

商品はかなり絞ります。出来たら10商品~30商品。

その商品をすべて一度仕入れて写真撮影して、商品ページに掲載。当然自分で使った感じの感想も1000文字~2000文字程度で書きます。別にショップに書く必要はなく、この時にブログを使います。

仕入れた商品はショップのプレゼントかメルカリで販売してしまいます。安いとはいえ結構な金額になりますからね。

これでSEOと集客のブログやSNSの両方を多少賄う事が出来ます。あとはグーグル広告ですね。

ドロップシッピングで大事なのは商品選定とカート

最後になります。

ドロップシッピングで大事なのは商品選定。掲載は無料だからと言って1000商品も2000商品も掲載している人がいますが、まず売れてません。

まずは自分の手の届く範囲で販売。オリジナル感を出します

あとはカートシステムです。上記で説明したように無料のものを使う事で月のコストが0円になるので、その分ほかにお金を使う事が出来ますね。

興味がある人はリスクが少ないビジネスではあるのでやってみて下さいね。

現役ECコンサルタント:
デジタルキャンバス代表・やまね
本業では企業に属したECコンサルタント。副業ではココナラでECコンサルタントの仕事をしています。EC歴15年。副業で月額2万円の本業さながらのECコンサルやってます。ブログも執筆。ECとブログで来年法人設立予定。コンサルの依頼はお問い合わせからお気軽に。
\ Follow me /