白兎のまじメモ!検索は「まじメモ」

会社員との兼業ブロガー白兎が語る「超」雑記ブログ!

DODAの「非公開求人」を自由に検索・閲覧できる「求人検索会」フル活用で転職を成功させる

f:id:shiro-usagi:20190506212330j:plain

今日はDODAに登録した人… 

 

もっと正確に言うと「DODAエージェントサービス」に登録(無料)した人が使えるなんとも素敵な転職を成功に導くサービス!その名も「非公開求人」を自由に検索・閲覧サービス!(そのままかい!と声が聞こてきますが…)

 

簡単に説明すると、DODAエージェントサービスでは、転職エージェント登録者に対してこういったサービスを展開してます。(全員ではないんですけどね!)実はありそうでないサービスではあるのですが、ちょっとこのサービスついて今日はご紹介させていただきます。

 

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

まず非公開求人とは何か?

通常「リクナビNEXT」や「とらばーゆ」や「はたらいく」などで見る転職求人サイトで公開されている求人広告を「公開求人」と言います。

 

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

 

Q:公開求人とは?

A:だれでも見れる一般に公開された求人情報です。

 

それとは別に転職エージェントのみが持っている未公開求人の事を「非公開求人」と言います。

 

なぜ非公開なのに求人なのか?

このサイトでは沢山書いてきたのですが、このサイトを初めて見てくれた方の為に簡単にご説明します。詳しく知りたい方は下記のリンクから過去記事を蚕食して頂けれるとわかると思います。

 

www.shirousagi.site

 

非公開求人とは…?

  •  企業が転職エージェントに求人を出す
  •  転職エージェントに登録した人でスキルマッチする人にのみ紹介。

 

非公開求人の企業側のメリット

転職求人サイトに求人情報を出す場合、2週間で20~30万程度の出稿料がかかります。(今はもっと安くなりましたけどね)で、それを出したからと言っていい人材が来るとも限りません。もし求人を出してほしい人材がいなかった場合、簡単に言うとその20~30万は捨てたという事になります。でも転職エージェントに非公開求人として求人を置いておくのは無料です。転職エージェントは企業に人材を紹介して、3ヶ月働いてやっと企業に請求が発生します。


ですので、企業は何回も来るかわからない求人サイトに募集を出すより、転職エージェントにお願いした方が結果多少コストが高くなったとしても自分の企業に合った人材が見つけやすく、さらには転職エージェントを通して転職者の情報も取りやすい訳です。

 

ここからさらに重要です

最近、一人当たりの求人倍率が過去最高と言う割には、転職求人サイトの求人数ってあまり変わってない感じしませんか?

 

それは…


企業の人の採用方法に変化があるからなんです。今までは求人サイトに求人を出せば、企業にもよりますがかなりの数の応募がありました。でも、今は少子高齢化真っただ中。派遣社員の平均年齢ですら40歳オーバーという時代に突入です。また日本は一番正社員の解雇ができない国でも有名です。企業が昔に比べて慎重に採用するのは当たり前かもしれませんね。


企業は今まで見たいに求人サイトにだすよりも、超売り手市場の中(2018年8月現在)より良い人材を早期に確保しようとしており、今ままでに比べ転職エージェントでの採用に力を入れている訳です。事実、僕の会社でも転職エージェント活用策が今更ながらですが、出てきてそれに向けて準備を進めています。


(要は)


そんな企業ですら転職エージェントを活用する方向で動いている訳です。転職サイトからの求人でいい人が捕まらない訳ではないんです!ただ昔に比べて絶対数が減っている訳です。

 

非公開求人は紹介されないと見れない?

はい!基本は転職エージェントから紹介されて初めて見る事が出来ます。なのでその転職エージェントにどのくらいの非公開求人があるかは不明な所が多いのですが、「DODAエージェントサービス」だけが違うんです。


どう違うかというとある一定期間に「非公開求人」を自由に検索・閲覧できる「求人検索会」と言う物があります。それは「DODAエージェントサービス」に登録した人にのみメールで連絡が来ます。実は今丁度その時期なんです。

 

メール画像を公開しますね。

 

f:id:shiro-usagi:20190506211311j:plain

 

こう言った感じで連絡が来ます。これはDODAのみだと思います。要は非公開求人を転職エージェントに登録した人に公開して受けたい所を自分で見つけてもらおう等サービスです。また日本全国での求人割合ですが…

 

  •  公開求人…3割
  •  非公開求人…7割

 

なのをここで覚えてしまいましょう。転職エージェントを使うのと使わないのでは4割も求人数の数が違うなかで転職活動をしなくてはいけません。特にお金がかかるサービスでもないですし僕たちとしてはデメリットはありません。これは言い切ります。


なので、この機会にDODAエージェントサービスに登録してくださいね!それが転職成功への近道となるのは間違いありません!

 

www.shirousagi.site

 

 

なんでDODAなの?

これは簡単な理由です。僕が過去使った2つの転職エージェントのうちの1つなんです。またブログで書いているからとか抜きにして案件の数と担当営業さんの良さはピカ一です。(これ本当に)僕は女性の担当さんだったのですが、業界の事や年収、今ある案件の状況など逐一教えてくれて、根気よく付き合ってくれたのは感謝に耐えません。

 

なので今回僕も力を入れてご紹介させていただきました…。変にきれいごとを並べるより説得力はあるのでは?とおもったからです。すこしでも皆さんの参考になると嬉しです。

 

▼...それぞれ転職エージェントを使って転職した人の転職体験談!

www.shirousagi.site

www.shirousagi.site

www.shirousagi.site