白兎のまじメモ!検索は「まじメモ」

会社員との兼業ブロガー白兎が語る「超」雑記ブログ!

43歳でやっと自分に合った会社に入社した僕の40歳転職論。僕は今までこんな転職の失敗をしたよ!

f:id:shiro-usagi:20190512161437j:plain

結論から書くと40歳を超えた人の転職は転職エージェントを使うべきです。これを聞くと大概の人は「ホントに?」とか「それってデメリットにもなるよね?」とか言う人がいます。そもそも40代になってそんな事言ってる人はその時点で残念ですが諦めてください。40歳にもなれば転職エージェントのメリットやデメリットはわからないと問題ですし、周りが見えてません。

 

細かく説明すると転職エージェントと転職サイトの両刀使いで攻めるという事です。とは言えこの記事はなにも転職エージェントを進めようという記事ではないです。あくまで僕の総括的意見です。

 

 

過去こんな状況で転職に失敗した!

ま~、40歳を超えて過去を振り返ってみると結構後悔というか、失敗のような転職がゴロゴロあるわけです。よく言いますが「海を泳いでいるうちはその海の広さはわからない」と言いますよね。僕の転職活動も正にこれ。

 

仕事とも恋愛も転職も「時間と情報」が肝

これ、多分想像つきますよね。仮に仕事で考えた場合、プロジェクトを立ち上げてからのマーケティングや数値が大事ですよね。この数値を集めるに費やすのが時間です。恋愛も同じです。仮に付き合う直後に彼女のすべての情報があったら本当に付き合ってますか?そう、これがあれば世の中から離婚などの数は結構減るはず。


転職も同じですよね。過去に自分で失敗した時の事を考えてみてください。僕が転職失敗した時は必ずと言っていいほど、時間がなく時間がない故に情報を集めることが出来ずにブラック企業に無事入社と言うパターンでした。

 

時間がないなら人手を借りる

逆説を考えてみると、時間があれば自分で調べる時間があります。なので転職支援を使う必要性もその分下がります。その分変な会社へ入社するリスク回避もできますよね。でも、転職する時って結構切羽詰まっているとき多くないですか?


人間関係にストレスをw持っていてすこしでも早く環境を変えたいとか、肉体的にきつくてもう限界とか….。僕は転職する時は切羽詰まるくせにいつもその後はその事を軽く考えてました。結果30代から10年間で転職7回とかになるわけです。


こうなってくると負のスパイラルです。単純に転職回数はデメリットにしかなりません。今でこそいい会社に入りましたが、転職回数が多くて不安と面接で何回言われた事か…。なのでもし、僕と同じような状態で40代を迎えてしまった!とか、40代だけど未だ自分に合った会社に巡り合っていないという人は転職エージェントなんです。

 

転職エージェントは紹介だけじゃない!もっと効率よく使う方法

 

  • 転職エージェントの使い方で一番誤解をしている人はこの仕事を紹介してもらう!と思っている人。正しくは「転職にまつわる情報を提供してくれて、極力失敗しない転職を支援してくれる」と言うのが転職エージェントの本当のメリットです。

 

なので、転職エージェントと転職サイトを両方使います。と言うか療法使わないと意味がないです。

 

www.shirousagi.site

 

では実際転職支援と転職サイトの使い分ける方法は?

深く考える必要はなく、転職エージェントと転職サイトを両方使っていると、同じ求人が有ったりします。その場合は迷わず転職サイトを経由して応募しましょう。転職エージェントには公開求人があります。なので転職エージェント側に期待するのは業界の動向や、非公開求人に絞ります。また営業担当が必ず付きますので、その企業にない求人情報もでも相談すれば教えてくれたり、その求人が出た時点で紹介してくれたりします。

 

www.shirousagi.site