白兎のまじメモ:WEBマーケッターの戯言雑記

WEBマーケッターでありフリーランスのECコンサルタントの白兎が書くまじなブログ

ワードプレスの無料テーマのLION BLOGで効果的なアドセンスの貼り方を公開!

f:id:shiro-usagi:20190506164947j:plain

新年早々言葉の力に歓喜!何て記事を書いて、自分を奮い立たせてますが、単にコケました…org 。今日は仕事だったんですが、僕の仕事は取引先ありきなので、ずっと自分のブログのアドセンスの張替えをやってました。

 

で、議事録的にちょっと記事にしておきます。多分LION BLOGを使ってる人だと、そこそこ収益取れる貼型かな?と思ってます。本当は画像付きで細かく説明できると良いですが、何分会社です。わからない部分あればコメント遠慮なくください。

 

 

なぜアドセンスを張り直す?

 

f:id:shiro-usagi:20190506165129p:plain

 

以前、Web集客に特化したWordPressテーマ Emanonを使ってました。これ、めちゃくちゃ良くて、エマノンを使ってる時、僕の1つのサイトでアドセンスが結構な金額を稼いでくれました。金額は言えないですが、皆さん、多分1PV換算見るとびっくりします…。

 

で、当時僕はアホでした…。欲を出してテーマを変えたらガクッとアドセンスがわるくなり、結果ずるずる来てる訳です。で、2019年は絶対ブログで月10万は取りたいんです…。だってお金がない (´・ω・`)

 

余談はさておき、そんなこんなで一気に今日、1日かけて見直しました。さっそくその甲斐あってか、変えたからは好調。今後忘れないようにこうやって記事にして、僕のようなLIONブログとか、使ってる人にも役立つと良いなと(笑)

 

アドセンスは基本自動化

やっぱりGoogleの力は使わせてもらいます。僕が見た感じ自動かのアドセンスってAIですよね?都度出るところかわってますし、良くなってます。多分これずっと最適化されて変わっていくんでしょうね。(今更ですが1ページにアドセンス3つまでってもう古いんですねw。)

 

プラグインも「AdSense Integration WP QUADS」を使用

f:id:shiro-usagi:20190506165218j:plain

 

僕の設定はこんな感じ。記事上、記事中、記事下、全部に入れてます。

 

LION BLOGの設定はこんな感じ

f:id:shiro-usagi:20190506165302j:plain

 

LIONブログ側も説明通り設定します。特にここまでで変わった事はないですね。ただ、1点とても大事な事があります。それは最後に書きますね!

 

記事上+記事下+LEFTはウィジェットで!

 

LION BLOGで言うと、ワードプレスの管理画面に入って…①外観 ⇒ ②ウィジェット でいじれる部分です。ここも大事。ちなみに僕の記事の下にはダブルボックスとリンク広告が入ってますよね?

 

f:id:shiro-usagi:20190506165351j:plain

この部分のやつです。ここはウィジェットから設定します。ちなみにウィジェットでは、こんな感じです▼

 

f:id:shiro-usagi:20190506165425j:plain

 

僕は、この記事上エリアと記事下エリアに共にアドセンスのリンク広告入れてます。そうすると上の画像のようになる訳です。

 

インフィード広告ではなく記事内広告にこだわる

 

今日一番書いて置きたかったのはここだし、アドセンスが予想外に取れていた時もコレでした。上から見ていくと、AdSense Integration WP QUADSのプラグインの中のタグはすべてインフィードではなく記事内広告に張替え。LIONブログ内の記事内広告とアーカイブ用インフィード広告枠もタグは記事内広告用のタグです。

 

AdSense Plugin WP QUADS – WordPress プラグイン | WordPress.org

 

なぜ記事内広告を…?

見てもらう分かるんですが、広告が大きくて、ボタンがちゃんとある広告なんです。インフィードも悪くないんですが、僕は結果としてこのやり方が一番稼下てます。意外と目次上の部分はたたかれます。目次上と言うか、メイン画像と目次の間のアドセンス広告ですね。

 

あとは、記事下のダブルボックス部分です。意外と関連記事も叩かれるので要注意です。

 

まとめ

アドセンスの楽しい所は、一歩間違えると収益2倍とかある訳です。なのである程度一定期間で見直そうと2019年は決めた訳です。実際この形に変えてかなり好調です。もっと早くやっておけば良かった…。

 

www.shirousagi.site