白兎のまじメモ!検索は「まじメモ」

会社員との兼業ブロガー白兎が語る「超」雑記ブログ!

【転職体験談2】女性:事務職 ⇒ 介護職へ転職した優さんの意見を聞いてみた

f:id:shiro-usagi:20181029222536j:plain

 

実はリアルな転職体験談の第一弾、思った以上に色々な人に読んで頂いたんです。(これは純粋に嬉しかった...)やっぱり他の方の生きた意見って頭に入ってくるし、共感で出来る事が多いんですよね!

 

第一回の雅さんの、年収は150万アップしたけど、「転職しなければ良かった」と言う最後のセリフがどうしても頭を離れませんでした...(´・ω・`) 

 

 

ぐ~たら社員ですが...なにか?

このブログは実際に転職した人のその後の意見を聞いて、今後の自分の転職活動に役立てようという物。色々な業種の色々な世代の方のリアル転職体験談が読めるのが特徴です。

 

人のリアル転職体験談を聞くブログ

さて、昨日に続き今日は第二弾の優さん(女性)の転職体験談です。女性に人気の「事務職」から「介護職」へ転職されました。一般的にみて、この転職は成功な感じしますよね。成功の意味はマーケットの大きさと業界の注目度なんですが。

 

介護福祉士

介護福祉士(かいごふくしし、英: Certified Care Worker)は、社会福祉士及び介護福祉士法を根拠とする国家資格。福祉系では、社会福祉士・精神保健福祉士・保育士と並ぶ、名称独占資格の国家資格である(場合によっては、名称に福祉士が入る三資格を、福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)と呼ぶこともある)[1][2]。社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられた、社会福祉業務(身体介護・生活援助など)に携わる人の国家資格である。和製英語で、ケアワーカー(CW)と呼称されている。略称は、介護士。

 出典:Wikipedia

 

事務職⇒介護職へ転職した優さんの転職体験談

優さんの転職体験談

 前職)事務職
 現職)介護職
 転職にかけた期間)半年
 応募総数)約5社
 転職方法) 転職エージェント 企業のホームページ

 転職して失敗だったこと

ずっと事務職をやっていたのですが、毎日パソコンに向かう仕事だったので、退屈に感じてしまい、転職をしようと思いました。そこで、どんな仕事にしようかと思ったときに人の役にたちたいと思い介護職にしました。実際に周りに介護職は大変だよと言われていたのですが、それでも転職しないと分からないと思い転職をしました。そして、転職活動をして無事に採用されたのですが、あまりの環境の悪さに驚きました。まず、人手不足で、常に忙しくご飯を取る時間もしっかりありません。力仕事なのですが、男女関係なく平等にやらされます。その上給料も安く事務の方がよほど楽でした。忙しくてしんどいので人間関係も悪くみんなイライラしていました。そして、人の出入りも激しく新しくはいってきた子の7割はやめていくという環境でした。

 介護職に転職して良かったか

正直良いとはいえません。今現在転職してしまったので続けていますが、正直安い給料なので、事務職にまた戻ろうかなと思っています。私の場合は転職に失敗してしまったと思っています。

 

 なるほど...

 

ちょっと色々考えてしまいますね。この場合、介護職がダメと言うより選ぶ会社の問題でもあるかな?と感じたりもします。折角人の役に立ちたいと思ったのであれば介護職の中で働く方が5年先、10年先は未来があると思います。

 

確かに事務職は楽です。僕の周りの女性も同じ事を言っている人は多数います...が、いつまでもニーズがあるかと言うと正直ツラいのでは?AIも普及してきて無くなる職種に事務職は入っていますし、こちらのブログでも書いたのですが、事務職は給料が本当に上がりにくいです。

 

しろうさぎは考えた...!

 

転職期間も問題なし、応募者数も妥当!問題だったのはその業界に対する知識ですね。大丈夫!もう一度気を取り直して転職頑張りましょ!