まじメモ|仕事とお金の白兎ブログ

転職したり副業したり恋愛したりお金に悩んだり。そんな独身アラフォーのメモ書きなんです。検索は「まじメモ」

【中小企業の実態】従業員300人未満の企業は社長の感覚で給料を決めている...と言う事実。

f:id:shiro-usagi:20190430102035j:plain

実は電車でニュースアプリを見ていたら衝撃の事実が…。本当に感覚なんだな~と思ってしまった...。これ、本当だったらモチベーション下がりますね。こういう事があるからごますり系の人が出世しちゃうんですよね。イエスマン嫌いですw。

 

 

従業員300人未満の会社、社長の独断で給料決定

これは「あしたのチーム公式人事評価 – システム。中小企業導入No1」というサイトが発表したデータだそうです。

 

怖いですね。僕も昔20人程度の会社に居た事がありますが、本当に評価なんてものはなく社長の一声だったように思いました。それでも社長に気に入られていればいいのですが、そういう会社ってちょっとした事で嫌われれる事も多いんですよね。完全にイエスマンになったとして、今度は自分の将来がそれでいいのか?って考え始めてしまうんですよね。結局自分の人生をもっと大事にしようと僕は転職を決意したのを覚えてます。

 

あしたのチームとは…?

株式会社あしたのチームは「100名以下の中小企業、ベンチャー企業」向けに人事に関するあらゆるサービスをワンストップで提供いたします。「はたらく全てのひとのワクワクを創る」強いチームづくりを支援いたします。

 

という人事部のアウトソーシングの会社でした。びっくりですね。人事部と言ったら会社の中枢のイメージがあります。それが今では外部委託ですもんね。AIの普及といい、アウトソーシングといい、企業はその内働く部署なくなりそうですね。ま、それはさておき、社長の独断だそうです。僕も似たような会社に居ましたので、それほど驚かないのですが、これが現実だと思います。これによってトップに媚を売る事が仕事になってしまう人が出てしまいますね。また自分が作った会社ですから、社長の気持ちもわからなくはないですよね。


ただ、働いて居る側からするとちょっときついですよね。正当な評価があるから頑張れるって社員は多いですからね。また、正当に評価されないのであれば、正直その会社にいる意味は皆無ですね。

 

この現実にどう立ち向かうか?

正直、こればっかりはどうしようも内容下記がします。あえて出来る事は社長から絶大な信頼を得て、決裁権を貰うしかないですね。ただ時間はかかりますよね。また、そこに注力して、本来の働く目的が失われてしまう可能性があります。はっきり言って転職ですね。これは僕の体験談であり、かなり自信をもって言えます。


ただし、その社長が本当にビジョンを持っていて、進むべき道を間違えてなく、周りに相対する部下がいなければ話は別となりますけどね。なので、この場合人を見る目が必要になりますね。沢山の人と接する事により、考え方の癖や行動パターンが自分の中で出来てきます。ただし、これも時間がかかります。

 

www.shirousagi.site

www.shirousagi.site

 

若いときは苦労をするべき?

若いときは、このタイプの会社で働くのも勉強となります。ただ、30代を超えてくると結婚している方もいますし、そうも言ってはいられないですよね。うだうだ悩む前に、その悩んでいる時間を新しい会社で過ごした方が全然いいと思います。以前の記事でも書きましたが、転職は、それにより今日までの自分と全く違う自分に出会う事が出来るのがメリットです。


ある会社で全然評価を貰えなかったスタッフが僕の近くにリアルにいました。彼は転職をして、今結構大きな会社の部長をやっています。あのままあの会社に居たらどうなってたのかな?と会う度に思います

 

転職が人生を変える!

人生の面白い所でもありますね。いろんな人に出会い、別れがあり、それでも会社は前に進みますからね。会社が前に進むと同時に社員も働き方を変える時が来てます。先にも書いたようにAI(人工知能)が出現し、至る所で見るようになりました。会社の人事部でされアウトソーシングする時代です。

 

転職を考えている方は自信をもっていいと思います。昔、誰かがいってました。使えない社員ほどその会社にすがろうとします。出来る人間は転職をし新しい環境に身を置きたがります。転職をしよう!と思った時点で半分は使える社員側にいます。後はあるかやらないかです。