白兎のまじメモ!検索は「まじメモ」

会社員との兼業ブロガー白兎が語る「超」雑記ブログ!

日銭稼ぎの日雇いバイト(肉体労働)を僕はなぜしていたのか?を振り返る…

f:id:shiro-usagi:20190511205205j:plain

今の所なんですが、2019年の1月のブログ報酬が3万円を越えそうです。結構久しぶりなんです…。で、実は結構前に書いたキャバクラバイト体験談が今結構読まれてます。

 

ついで読み!:ドライバーの短期バイトで稼げる感じがしたので面接行った話 - 白兎のまじメモ「検索はまじメモ!」

 

どうぜなら、当時もう一つの完全日払い肉体労働のバイト経験も書いちゃおう!と思った分けです。結論として辞めたほうがいいよwと言う話です。だって、今はもっと稼げる短期バイトって本当に沢山有りますからね!

 

 

給料は全部生活コスト!食費を日払いバイトで…

f:id:shiro-usagi:20190511205300j:plain

若いとは言え、今思うと良くやってたな~と思います。やっていたのは工場などの日雇いバイト。当時アパレルの仕事で給料も少なくて家賃やら携帯料金、光熱費などでほぼなくなっちゃう状態なんですw。なので給料日にすでに1000円しかないとか…。

 

アパレルは週休2日だったので、前日に日雇いバイトに電話してエントリーして週の2日の休み両方とも日雇いに使ってました。

 

日給は8000円だけど…(・д・`;)?

日払いバイトってやった事ある人は分かると思うんですが、基本8000円なんですよ。でもね、工場とかだとちょっとここから天引きされたりするんです。摂取されてンな~と思いましたね。この時はw。交通費も出ないので、正直手元に残るのって、6000円位なんです。しかもあんか過酷な労働して…「これだけっ」ってw

 

肉体労働の1日のスケジュールは…?

 

これを聞くとびっくりするかもしれないけど、拘束時間が長い..

 

  •  朝5:30分に事務所集合~  ̄ー ̄)ニヤリ7:00位に現場発表
  •  7:30~現場へ…
  •  8:30分到着~から9:00仕事スタート。

 

ざっくりこんな感じです。「ふざけんな~~っ」って言いたいw。でもね、これが普通なんだよw。みん名も気をつけな~。で、まだ続くよ!

 

  •  18:00 仕事終了!
  •  19:00 事務所到着でお金もらう
  •  19:30分 帰宅…

 

そう、5:30分に事務所、帰宅が19:30分とか20:00で合計6000円ちょっと…。底辺も底辺。笑えてくる。

 

1週間で1万2000円の現金で1月で4万8000円なり..

これが僕の生活費だった。全く休まない生活を半年位続けた事がある。いや、この時は本当に不思議な感じで、バイトの時はある意味休みみたいな感じだった。これはコレで楽しかった。だってダイエット効果抜群だったからね。


余談だけど、本職はアパレルで、当然だけど太る事が出来ない。でもちょっと太りやすい体質だった事もあり、かなりダイエット効果になった。そんな意味では副業の肉体労働ってある意味ジムに通っていると思えばいいかも?

 

正直、抜け出せない人もいた日雇い…

 で、結構日雇い行くとわかるけど、意外と昔は良い生活をしていた人がいたりする。普通はある程度手元にお金が貯まったらみんな去っていくんだけど、無駄に残っている人も多かった。多分楽だったんだろうな~と思ったりもしたけど、それが怖かった。

特に一度はまると抜けられなさそうな感じがしたからね。

 

出来る事なら効率のよい日払いを。

 東京都の製造系求人情報

 

 

f:id:shiro-usagi:20190511205641j:plain

上のリンクを見ると東京都の日払いのバイトが今日の時点で4万件弱ある!で、中には「商品の検品とかシール貼り」!これはオススメ。楽w。正直この作業を8時間やるので眠気との戦いもあるけど、僕は以前カワイイ女の子と一緒になって仲良くなった事があった。(楽しかったな~)

 

検品などは女子と合同なのでオススメ

工場の日払いって本当に男だけなんだよね。当たり前だけど。それを考えると検品やシール貼りに変えてからは楽だったな~。んで楽しかった。それで日銭が必要なくなったからキャバクラバイトに変えた!

 

www.shirousagi.site

 

ま、この中ならキャバクラがぶっちぎりで一番楽しかったけどね。

 

まとめ

今日はこんな仕事もあるんだ~と思ってもらえると嬉しいなと言う記事だね。で、出来たら経験しないに越したことは無いよと言うバイト(笑)。ただ物は考えようで僕のようにダイエットだと思えばそれはそれでお得だし。

 

お金って大事だよね!

 

www.shirousagi.site