まじメモ|白兎Blog -お金と仕事と恋愛と-

本業を頑張りながら副業も始め、恋愛をしながらもどうやって貯金をして行こうか試行錯誤する様子を書いたブログ。ロスジェネ世代の人間が書く等身大の雑記ブログです。絶対会社作ってやる!

【WEBデザイナーになる方法】現役のWEBデザイナーが教えるWEBデザイナーになる為の方法「3選」

f:id:shiro-usagi:20200628000251j:plain

 

最近、WEBデザイナーの記事を連続で書いていたら「WEBデザイナー 未経験」などでこのサイトを見てくれる方が増えました。せっかくなのでもうちょっと詳しく書いてしまおうと思い、今日は全くの未経験からWEBデザイナーになるためのいくつかの方法をご紹介しますね。当然方法は1個ではないの、自分にあった方法を選んでくださいね!

 

WEBデザイナーの仕事って相変わらず人気だよね。

 

こんな人に読んでほしい

  •  未経験からWEBデザイナーになりたい
  •  WEBデザイン未経験で仕事が決まらない

 

僕の経歴もちょっと書いて置きますね。だってWEBデザインの経験ない人が書いた記事だと嫌ですもんね。

 

僕がWEBデザインを身に見つけたのは社会人学校です。学校を出て派遣で1年WEBデザインの仕事し、実務経験を積んでからテレビ局で番組のWEBサイトを作る仕事をしてました。その後、EC業界に来てから今に至るのですが、現在は大手企業でキュレーションサイトなどの立ち上げの仕事をしています

 

そういえば白兎さんってWEBデザイナーでもあったんですよね?

IT業界に来て14年目になるけど、最初はWEBデザインの学校に通ってWEBデザイナーとしてキャリアをスタートさせたんだよね。今はスクールは安くなったけど、当時は60万円くらい使った気がする。

 

WEBデザイナーになる方法①

「学校に行く(10万程度で通学できます)」就職可能率:★★★★★

 

f:id:shiro-usagi:20190518214152p:plain

 

 

これは僕が実際とった方法です。僕の時はもう10年以上前でWEBデザイナー希望の人が一番多かった時代です。当時僕は70万近く払ってWEBの学校に通い、平日の仕事が終わってからと週末に通学してました。今だと同じような内容でも「10万程度で技術がしっかり身に付く(WebCamp)」で勉強する事ができるのってご存知ですか?

 

techacademy.jp

 

意外と知らないだろうし、普通にネットで検索しても結構金額がはる学校が出てくるのですが、正直学校で習った事を仕事では大して使いません。むしろ基礎だけきっちりやるほうが、全然役に立ちます。基本絶対覚えたいのは「HTML」と「photoshop」です。要はコーディングとデザインですね。イラストレーターはちょっとかじってる程度で全く問題ないです。

 

また、この方法は学校で作品等を作る場合があるので、未経験でも仕事が決まりやすいです。(僕が実際そうでしたからね)でも、不安だ!という方はまず派遣で1年程度やりましょう。僕の会社でもWEBデザイナーとしてキャリアがない女性を一人採用してます(現在も)でも、今は当時と比べてかなり見違えるほど腕上げてます。

WEBデザイナーになる方法②

「自分で勉強する」就職可能率:★★

 

f:id:shiro-usagi:20190518215248p:plain

 

この方法で仕事に就く方も多いですよね。ただ、基準がわからないので正直あまりおススメ自体はできません。方法としては書籍かyoutubeなどの動画を見ながら自分でサイトを作ってみるという方法がお金も掛からず良いかと思います。

 

ある程度知識をつけたら派遣社員から入るほうが確立高いですね。派遣だととりあえず採用してみようとなります。またダメだったら継続しなければいいという企業側の負担も軽いです。でもこちらとしては3ヶ月でも半年でも実務経験がつきますし、派遣だと職務経歴が汚れないのでおススメです。

 

 

 

▲ 上のリンクはWEBデザイナーになる為に必要なadobeのクリエイティブソフトのパッケージ版。今って年間6万円で全てのアプリケーションが使い放題。僕がWEBデザイナーになった時は、1本1本高い金額出して勝っていたのを思い出して泣いた。

 

WEBデザイナーになる方法③

「働きながら覚える」就職可能率:★★★

 

f:id:shiro-usagi:20190518215542p:plain

 

これはすみませんが20代限定です。だって30代超えて未経験でWEBデザイナー希望…は多分くらい人手不足でも採用されません。そこまで簡単な業界ではないです。ですが、100社近く受ける覚悟をしましょう。また方法ですが…

未経験からWEBデザイナー

  • 自分で転職サイトから応募

 

WEBデザインの学校に行くメリット

ちょっと斜めからの味方でお話しますね。技術はもちろん、就職後になります。今ご紹介した3つの方法で一番違うのは多分入社の時の年収です。得に年収は入社してしまうと、その後大きくアップする事は難しいんです。実はここがポイントです。

 

僕は未経験だから最初は年収低くてもいいやと思ってしまうと、その後も昇給はある物のベースが低いのでそれがストレスになりかねません。反面学校で習うという事は最初こそコストはかかりますが、その分早期に取り返すことができる訳です。

 

 

WEBデザイナーの収入源は複数もてる

これはWEBの知識を持っている人の特権ですね。僕のようにこうやってレンタルサーバーをかりて、ドメインを取ってブログを書くもWEBデザイナーになって身に着けた方法です。

 

それ以外でもクラウドソーシングとって「クラウドワークス 」などに登録して、仕事をするという副業スタイルも対応ができます。自分でネットショップを作る事も知識が身に付けば比較的簡単にできます。

 

 ▼ WEBデザイナーからWEBマーケッターになって起業も意識!

www.shirousagi.site

手に職だからこそ最初にハードルが高い

WEBデザイナーになる上で一番大変なのが、最初の就職です。これは本当なんですが、ここさえクリアしてしまえば、実は転職しやすいですし、転職によって大幅な年収アップが見込める業界でもあるんです。

 

 

 

これは本当に僕が経験して、かなり実感した事を書きました。最初だけハードル超えてしまえばむしろ後は、本当に楽だし優遇されるんだよね!

 

実際WEBデザインの仕事を10年以上やってみて感じる事は、とにかく面白いしこの業界に来てよかったという事。技術を持っているとそれなりに重宝されます。また、自分のペースで仕事もしやすい業種です。そう言った意味で学校行ってよかった!と僕は思えますね。