白兎のまじメモ!検索は「まじメモ」

会社員との兼業ブロガー白兎が語る「超」雑記ブログ!

しろうさぎ...3年ぶりに面接行く!「これ書いておいて良かった~」と言う報告!

f:id:shiro-usagi:20190520203841j:plain

そう!今日は面接でした。行ってきましたよ~、3年ぶりに!まー、受かる受からないは別にして職務経歴書のちょっと話をしておこうかなと思った訳です。だってちょっとした事を書いておたんですが、そのおかげで話が弾みましたからね!

 

www.shirousagi.site

www.shirousagi.site

 

今日の記事は上二つにつながる記事なので、興味がある人はちょっと寄っていって下さいね。

 

 

職務経歴書に「何を?」書いた?

 

 

細かくは書けません...( ̄∀ ̄) 

 

そこはご了承いただくとして、書いたのは今やっている事を細かく書いたんだよね。あたり前と言えば当たり前だけど、実は今日面接行った企業も同じサービスを検討しててその内容が相手の面接官にウケた!結果として凄く良い感じで話が出来た気がする。

 

職務経歴書って無駄に長くしたくないのもあり、どこまで書くか悩むけど直近の仕事だったのでかなり細かく書いたのが本当に良かった。

 

職務経歴書はやっぱり大事!

実際はこんな感じ...▼

「弊社の〇〇事業部で現在、〇〇と言うサービスへの乗り換えを検討中。そのプロジェクトマネージャーとして現在稼働しており〇〇と〇〇を現在検証しており、検証の結果、問題なければ7月よりプロジェクト発足予定です」

 

言葉尻りは違いますが、ざっと書くとこんな感じです。同じ業種での転職だとこう言ったネタがヒットする場合があるから助かる。実際に今日もこの話題で60分中30分は持って行った気がする。同じような事をお互いやっているので凄く話も深い話が出来たし、その分気持ちも伝わったと思う。

 

僕の職務経歴書は10枚程度...(・д・`;)

あの...多いよ!って声が凄い聞こえますがしょうがないんですよ。40歳超えて転職も5回を超えて来ると必然的にこうなっちゃいますから。ロスジェネっすよw。大変なんすからw。

 

でもね、ロスジェネ...こんな嬉しいニュースもあるので頑張れ!

勤め先で「最も頼りにされている世代」を聞くと、「40~44歳」(29.6%)が最多で、次いで「35~39歳」(25.4%)となった。

この世代は1970~82年頃に生まれ、バブル崩壊後から約10年の間に就職活動をした人たちで「ロスジェネ世代」と呼ばれている。中でも1位の40~44歳は「ロスジェネ中心世代」とされている。

引用:職場で最も頼りにされているのは「ロスジェネ世代」 当人らは「評価」「給料」に不満持ち、恩恵を感じられない人が多い傾向 | キャリコネニュース

 

へへへッ

ロスジェネってさ...心が枯渇してるんだよw。

良く言えば貪欲だし、悪く言えばひねくれ者おおしw

 

ま、それはさておき、単純に職務経歴書を書きなれてない人や中々書類が通らな人は下手に情報の精査をしないで書ける事は出来る限り詳しく書くべし!

 

ちなみにこのブログでも他の人の志望動機だけど実例があるよ!

www.shirousagi.site

www.shirousagi.site

 ▲...この辺りは今後もアンケート集まり次第増やしてく!人の実例ってかなり参考になるのでよかったら。

 

40歳超えての面接は悪い意味で緊張感に欠ける

昔は、面接ってもっとワクワクしてた。でもこの歳になると下手に場馴れしてしまい、緊張感が無い。これはいけないね。こう言ったのって目に出るからねw。でも見方を変えるとそれだけ視野が広く、落ち着いていたともいえるから一長一短か。

 

今日心がけたのは如何にリアルに話せるか?

転職活動が3年ぶりだし、これが最後かな~?なんて軽い気持ちで面接に行ったよ。だって「絶対これが最後っ!」とか気負うと絶対失敗するタイプなんでね...。

 

その人のタイプにもよるけど、僕のように40歳超えて同じ職種に転職の場合、夢や希望だけでは生きてなく、ちゃんと現実見て動いてるよ!って事を如何にして伝える事が出きるか?がポイントだと思っているし、今日も実際心掛けた。

 

それに関してはリアルに話せたとは思うけど、後は相手の方次第だよね。個人だけの評価なら80点位は上げたいな。なんせ3年ぶりだから。よくしゃべてれたよ、うん(笑)

 

職務経歴書は自分のタイムライン

これが僕の答え!職務経歴書は自分のいい所どりをしたタイムラインなんだよね。で、面接でその時の温度感を伝える。この時はこんな事があった!とか、実は裏でこんな仕掛けをしてうまく行った!とかね。それがちゃんとつたえる事が出来れば悪くはないはず...。

 

面接は「運」も大きい!

実は、これが一番大事なのでは?と思うのが、面接官の人との相性。結構前にある有名なアパレルブランドに面接行った時、「スゲー相性わるい...」と感じずにはいられず、その場で自体した事もある位相性ってありませんか?

 

実は、面接で一番最初に試されるのってこの面接官との相性では?と強く思うしろうさぎでした。(←みんな絶対うなずいてるよね...?)

 

まとめ

面接の結果は当然後日書くけど、今受けてるのはこの1社だけ。でも1社1社大事に行きたいのでゆっくり転職活動します!ではまた次回^^。