白兎のまじメモ:略してウサメモ!

いや...俺だって言いたい事沢山あるし!

家にお金を置いといても税金がかかる!NISAはそれを回避するものなのねー?

f:id:shiro-usagi:20190529201247j:plain

今の生活が落ち着き次第、今度は積立をして行こうと思ってます。とは言ってもFXのようなギャンブル性の高い物ではなく、しっかりとしたローリスクだけど、ローリターンのような物を探してます。

 

給料自体はそこまで低くはないんですが、言う程高くもないです。多分…550万~600万程度かな?残業によって変わりますからね。あとはブログの収入が多分年間で30万程度(なかった頃に比べるとあるだけホントにありがたい…)

 

 

税金の観点でみたNASAのメリット

そもそもNISAって何?って所からちょっと僕なりに調べてました。要は良く投資で言葉を聞くし、結構周りでもやっている人が多いんです。なので、興味が出たのと、ホントに最近、ニュースアプリのグノシーで「積立投資は途中株の暴落があったほうが結果利益が出る」と書いてありました。


(。 ・ω・))フムフム

 

NISA(少額投資非課税制度)を簡単に!

  • みんな知っておくべき事として『預金をしても、投資をしても、利子や利息に税金がかかる訳です。要は家にお金を置いておいても税金かかります、しかも【20.315%】もの税金が( ̄□ ̄;)ギョッ』

 

そこでNISAの登場です!どうせどうやって保管しても税金が20%かかるなら投資に国としては回してもらい、経済成長を促したい訳です。で、NISAのような少額投資に関しては、それで得た利益は非課税にしますよ!是非、投資しましょうね、日本の皆さん。


と、言った感じです。


当たり前ですよね。タンス預金のように、家でじっとしているお金って国にとっては何の価値もない訳です。でも、投資に回せば間違いなく経済循環は起きる訳で。

 

NISAってどうやるの?

 

では、どうせ税金で20%持っていかれるなら投資した方がいいですよね?だって100万円に対して20%だと20万が税金です。アホくさい…

 

NISAを始めたい場合は証券会社に口座を開きます。銀行口座を開くとお金の預金が出来ますよね。FX口座を開くとFX取引が出来ます。NISAの口座を開くとNISAの積立がその口座を通してできる訳です。

 

 月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

 

NISAには年間120万までを最長5年との決まり

当然と言えば当然なんですが、無限にNISAをさせれても流石に国も困る訳です。だってそれの全てが非課税ですからね(笑)。なので年間で120万と決まってます。でさらには、最長で5年までとなる訳です。全てMAXで積み立てた場合…

 

  •  120万 × 5年 = 600万

 

この600万で得た利益は非課税になります。僕の友人で10%近くで利回り出ており、「120万なので年間で12万の利益」これ大きいですよね?翌年同じ結果だと、24万の利益(ただ、最初に月に120万積立た場合ですが…)

 

そもそもNISAってなんだ?

 

少額なのも分かったし、限度額も非課税も分かった!では?素朴な疑問…、誰がどうやって増やしてくれるの?

 

投資信託って僕も勉強したんだけど、簡単に説明すると、沢山の人からお金を集めて、ひとまとめにする。そのお金を沢山の株式や債券に投資するという物。で、値上がりした所で売却すれば利益が出るという物だよ!

 

  • 例… 100万円で買った株式や投資信託を120万円で売却。この場合20万円の利益がでて、普通だと4万1000円の税金がかかるね!でもNISAだとそれがかからないんだよね。だた、非課税は投資から5年間だね(さっきも書いた通り)でもね、5年後さらに別の非課税投資に回すことが許されてるので、最大10年は非課税なんだよね!これは大きい。

 

まとめ

今日はちょっと長くなるのでここまでかな?でも概要は分かってもらえたはず。この場合、ローリスクで運用する投資だね。なので大きな利回りは出ないけど、間違いなくタンスにおいておくよりは良いし、活用できる。

 

さっき話した積立は途中暴落があったほうが結果利益がでる!とかは別記事でちゃんと調べてから記事にするね。僕はあくまで中古マンション購入までの資金を増やす事だから、ゴールがちゃんとある。

 

もう絶対FXはやらないけど、今後NISAとか投資信託系の記事は増えると思う。ちょっと頑張って勉強するね。僕は個人再生とその返済が今年で終わらせる予定なんだよね。なので始めるのは今年の終わり位とちょっと時間が空くけど、その分貯金と勉強の時間に充てる。ではまた!

 

www.shirousagi.site