白兎のまじメモ:WEBマーケッターの戯言雑記

WEBマーケッターでありフリーランスのECコンサルタントの白兎が書くまじなブログ

「クロールの統計情報」Googleのクロール頻度が上がるとアクセスが増えるのは本当?

f:id:shiro-usagi:20190813221415j:plain

白兎(@shirousagi_memo)です!^^。先にお伝えしておくとGoogleのクロール頻度とアクセス数って直接的な因果は多分無いと思います...が、これって色々なパターンによるなーと。ここでWEB業界に生きる(端っこの方ですが...)白兎の考えと具体例で見てみようかと...

 

まず「クロールの統計情報」って何?と言う方はサーチコンソールを勉強しておきましょう。要は自分のサイトにGoogleのクローラが何回来てるの?って事で、さらにはその回数が増えるとブログのアクセスが増えるのか?って事です。

 

本当に沢山のパターンがありすぎますし、答えもGoogleの中の人しかわかりません(多分今はAIだから中の人でも明確に分かる人少ないかも...)なのであくまでも一例としてこの「しろうさぎのまじメモ」をサンプルに考えてみますね^^。

 

 

 

Googleのクロール頻度

 

f:id:shiro-usagi:20190813212834j:plain

 

これがその数値です。ちなみにこのグラフはサーチコンソールの古いバージョンでしか見る事が出来ませんので分からないという方は....▼

 

  1. サーチコンソールにログイン
  2. レフトナビの下の方「以前のバージョンに戻す」
  3. レストナビのクロール
  4. クロールの統計情報

 

で、見る事が出来ます。

実際にグラフを見てみると、6月の中位に120回と数値が高くなってますね。あとは...、7月中位と最近も段階的に増えてる気がします。余談ですが、以前どこかのサイトでクローラ100回まわってくるようになると検索が上がり始めると見た事がありますが、あながち間違ってない気もします。

 

当時ワードプレスでブログを書いていた時、それを感じた事があります。はてなブログだと少し回数が低い気もしてます。

 

アナリティクスの数字を見てみる

 

f:id:shiro-usagi:20190813213831j:plain

▲...グーグルアナリティクス

 

f:id:shiro-usagi:20190813213923j:plain

▲...サーチコンソール

 

どうでしょうか?

共に日付は合わせてます。で、GAで見るとやっぱり6月初旬から中旬でアクセスが少し増えてますね。で、6月後半からアクセスがじわっと増えてます。サーチコンソールも6月後半から波はありますが、右肩上がりな気がしませんか?

 

7月中旬も同じですね。

 

以下の数字もチェック

  • 高い...120
  • 平均...47
  • 低い...12

 

これはクローラの数字です。今の所一番高い日で120回です。まじメモはまだドメインとって3ヶ月程度なのでこんなもんだと思います。さっき言っていた「平均」が100を超えて来るとオーガニック検索から人が増える印象です。

 

アップデート前も増える

僕のブログはまだ弱小なのであまり変化ありませんが、以前のワードプレスサイトでは3サイトやってましたが、どれも大きなアップデート前にはクローラ回数が増えます。ちなみに以前運営していた雑記ブログでは平均回数が500とかでした。(運営一年程度)で、アクセスが月2万程度です。

 

クローラの回数が増えると何になる?

これをまず理解しておきましょうね。

単純、少ないよりは多い方が良いです。これは言い切れます。だって今記事をアップしても極端な話、クローラが3時間後にしか来なかったらインデックスされませんからね...。クローラが多ければ多いほど良いという事は覚えて置いて損はないです。

 

どうやって回数を増やすの?

やり方は色々ありますよ。例えば頻繁に更新するとかね。クローラはAIなのでちゃんと学習しますから。この時間帯にいつも更新されてるなーとか、ここが良く変わるなーとか、その辺りは当然当たり前のごとく読み取ってます。なのでシンプルに説明すると、ちゃんとサイトに手を掛けてあげた方が、クローラもそれに合わせて沢山訪れてくれます。

 

ちなみに僕が前いた会社のドメイン歴10年のサイトは平均で2000回程度でした。

 

サイトに変更頻度が低い情報がある場合や、サイトの品質があまり高くない場合は、サイトのクロール頻度が落ちる可能性があります。新しい情報を大量に追加した場合や、サイトに非常に有用な情報が掲載されている場合は、想定を上回ってクロールされてしまう可能性があります。

引用:クロールの統計情報レポート(ウェブサイト) - Search Console ヘルプ

 

Googleも正式にこう言ってますね...^^。

 

これ、考えたによってはクローラの訪問回数が増えると「有益なコンテンツが多い」とか「増えて来た」とか考える事も出来ますね。後は更新頻度も同じですよね。グーグルはカテゴリーやサイトのコンテンツを当然理解してます。

 

コーポレートサイトで会社概要なんて普通あまり更新しませんよね?そう言った部分まで見てるみたいです。なのでブログの毎日更新は効果的?とよくネットで見ますが市内よりした方が絶対良いです。それは言い切れます^^。

 

バズ部さんも...

バズ部さんって知ってますか?

とても有益なSEOなどの情報を掲載してるメディアです、そのバズ部さんもこう言ってます...▼

 

クロールの巡回頻度はSEOにとって重要であり、たいていクロール頻度が1日に100回以上を超えると月間10万アクセスほどの規模になる。

引用:Webクロールの巡回数を確認する方法

 

何度も言いますが、これはサイトの環境によって大分変ります。僕は100超えてましたが月のPVは2万程度です。

 

結論!

WEB業界に生きるしろうさぎ的にはクローラ回数とPVは因果関係あり!と見てます。これに関しては完全個人的な意見ですし、当然エビデンスもこんなもんしかないのですが、今まで13年間、色々なサイトを見てきた結論ですね。

 

GAよりもサーチコンソール

ブログとか自分のサイトを持つとやっぱりユーザーってどのページ見てるの?とかPVってどのくらいだろ?とかめちゃ気になりますよね?でも大事なのはサーチコンソールなんです。なのでGAを見る時間を削ってサーチコンソールを見るようにするだけでも、それとなく見えてくる物がありますよ。

 

 

最後にまとめ

サーチコンソールはユーザーがサイトに訪れる前の行動を見るツール。GAはサイトに来てからの行動を見るツールと覚えておくといいかも?です。GAでも検索ワードとか少し見る事が出来ますが全然ダメ...。ちゃんとサーチコンソールで見ましょうね!

 

ではっ!