まじメモ|白兎Blog -副業×会社員-

「副業×会社員」をテーマにしたサイトです。働きながら給料以外に収入を得たい人に読んで欲しい副業ノウハウを経験談を交えてご紹介してます。

引越しの物件選びの注意点「5か条」。今回の物件探しから得た経験で引越しの注意点をまとめました。

f:id:shiro-usagi:20200715221441j:plain

 

白兎です。

最近ブログの更新が減ってしまいましたが、ブログの事を忘れたわけでは無いんです。実はより副業に力を入れようと思い、今年の目標の1つであった引越しの準備をしていました。

 

ここ最近の週末はほとんど不動産屋に行ったきりでした。タイトルにも書いた通り、本業と副業を考えて練馬区に引越します。今回の物件選びは色々な事があり、色々な事を勉強しました。今日はこれから引越ししようと考えてる人に読んで貰えると嬉しいです。

 

そうか、今年引越しするって言ってましたね!良かったですね^^

うん、すごく疲れたけど。でも無事に物件が決まりました。

 

1ルームパック「都県内25000円~」の激安引越し!

 

コロナで引越し需要の大幅なずれ

引越しの物件探しを始めたのが6月中旬からです。通常の引越し需要でいうと1月~3月がピークですね。新入社員が地方から出てきたり、大きな人事異動がある時期でもありますね。今年はコロナでそれが全てずれ込んで正に今がピークという事でした。

 

僕が通っていた不動産の方もいつも忙しそうでした。週末にしか身に行けなかったからと言うのもありますが、不動産の方も今が一番忙しいですねと。ずっと自粛で動けなかった分、みんなが一斉に動き出したみたいです。僕のように...

物件を探す前の引越し予算

では、今回の引越しに関して情報をまとめていきますね。物件探しはスマホアプリではすでに始めてました。それを見ながら漠然と今回の引越しに対して考えていた事は以下となります。

 

  • エリア:練馬駅~光が丘駅
  • 家賃:7万円~8万円
  • 駐車場:1.5万円~2万円程度
  • 条件1:風呂トイレ別
  • 条件2:駅から10分迄
  • 条件3:鉄筋マンション
  • 条件4:敷金礼金なし
  • 条件5:独立洗面台

 

首都圏にお住まいの皆さん、この数値や条件を見てどう感じますか。僕は難しいだろうなと思いながらも頑張ればいい物件見つかるかなと考えてました。この時はかなりの数の物件を見る予定でした。

実際に決めた物件の条件

今度は、今回決めた物件の情報を書いていきますね。

 

  • エリア:練馬駅
  • 家賃:8万5000円
  • 駐車場:2万7000円
  • 広さ:22m
  • 条件1:風呂トイレ別
  • 条件2:独立洗面台あり
  • 条件3:12階建てマンションの11階
  • 条件4:敷金0円・礼金1ヵ月
  • 条件5:駅から徒歩10分

 

正直言うと、当初の予定より1万円程度予算は超えてます。見た物件数はたぶん10件くらいでした。どれも決めてにかける感じでなかなか進まなかった状態だったんです。引越しは実際の条件よりも、物件を取り巻く環境などにも大きく影響される事をを実感。

2020年の引越しはここに注意!

先に書いておきますが、今回の引越し記事は完全なる体験談です。当然ここにハマらないケースの人もいますが、参考までにこんな人がいたという気持ちで読んでみてください。特に引越しの初期費用部分など気になる人も多いと思いますので、お金の事は詳しく情報書いておきますのでご安心下さいね。

引越しの注意点1:仲介手数料は交渉する事

今回の物件探しでは、以下の不動産屋さんに訪れました。

  • アパマンショップ
  • ピタットハウス
  • ホームズ
  • エイブル

 

東京や首都圏で引っ越しの物件を探すなら、各業者ごとの仲介手数料はちゃんと覚えておこうね。最近は仲介手数料がないケースもあるから、事前に調べてから不動産屋の予約とりましょうね!(コロナの影響で完全予約制の不動産も多いから注意!)

 

仲介手数料
レオパレス 無料
エイブル 家賃0.5ヶ月
mini mini(ミニミニ) 家賃0.5ヶ月
イエッティ 家賃0.5ヶ月
イエプラ 家賃1ヶ月
アパマンショップ 家賃1ヶ月
ピタットハウス 家賃1ヶ月
お部屋探しのマスト 家賃1ヶ月
ホームメイト 家賃1ヶ月
いい部屋ネット 家賃1ヶ月

 

超えたから言うと、上記4社中2社は仲介手数料を50%にしてくれました。これは感謝しかないです。この時の交渉の仕方としては、「〇〇不動産の物件と迷ってます」という事を素直に伝えます。

 

そして、〇〇不動産は仲介手数料が半額なので初期費用が安く済むから助かると。下手にうそを付くよりも、本音ベースで話せば絶対に相談に乗ってくれます。僕はこの方法で仲介手数料が50%になり、結果としては4万円近く節約することができました。

 

引越しは本当にお金が必要です。僕の場合は家賃が8万3000円で、さらには駐車場もあり、インテリアも全部買い替え。総額60万ちかくかかりました。少しでも節約出来るところはちゃんと節約する努力をする事が大事ですね。

引越しの注意点2:不動産業者は対応の良しあしで決める!

今回の物件探しで感動した事がありました。それは駐車場です。不動産業界って不思議な構造をしていて、大手の不動産チェーンでは基本あまり駐車場を扱ってません。僕みたいに駐車場が一緒に契約出来ないと、いい物件が見つかっても引越しすらできない状態になります。

 

不動産の店舗を4店舗まわった内、1社だけこう言ってくれました。「駐車場も一緒に探しますよ!」って。ほかの不動産屋では言ってもらえなかったセリフ。僕はその時、この不動産で物件借りようと決めました。

 

その後、その不動産の営業さんと一緒に3週間程度物件を見て回り、いい物件があったので決めた時、隙を見て近くの駐車場を探してくれて、取次までしてくれました。本当に嬉しかったのを覚えてます。

 

ちなみに一番最初に訪れた不動産では、セールスが凄くてやめました。またある不動産では、自分の管理物件をやたらとお勧めしてきます。今回は転職の理由で練馬で探してます!とはっきり伝えたにもかかわらず、全然違う駅の物件を紹介されたり...。

 

営業さんとの巡り会わせは運としか言えないのですが、沢山の不動産を回れば運を引き寄せる事もできると思います。引越しは足で決める。そう感じました。

引越しの注意点3:物件にピンとこなければ焦って決めない

引越しでの物件は巡り会わせと言いますね。本当にそうだと思います。これも今回の物件選びで起きた体験談です。

 

ある物件に決めました。それが今回引越しを決めた物件なのですが、いざ契約となった時、保証会社のルールで緊急連絡先の人が25歳以上ではないとダメだったんです。僕の緊急連作先の人は24歳。あと3か月で25歳だったんです。

 

結果としてあきらめて帰ったところ、不動産の方から電話を貰い、ちょうど一個上の階で同じ間取りが開くそうですと連絡を貰いました。しかも管理会社は別で、当初は敷金も1ヵ月だったのが0に。

 

その為、今回の引越しの初期費用が家賃1か月分浮くことに。8万円の差は大きいですよね。なので物件を見ていてピンとこないとか、何かしらの影響でダメになった場合は深追いせずにじっくり待つ事をおすすめします。

引越しの注意点4:引越しする事で得られる事を考える事

引越しの物件選びの時ってどうしてもお金に意識が生きがちでは無いですか。今回の引越しでは何を求めるのかをはっきりさせておく事が成功の秘訣だと感じました。

 

僕の場合、通勤時間の短縮です。今は会社まで1時間30分程度かけて通勤をしています。引越す事でその時間が往復で2時間短縮されます。毎日2時間ですよ、凄くないですか。

 

単純に計算してみると...

  • 2時間×22日=44時間

1ヵ月で丸々2日分の時間が浮きますね。あとは在宅勤務も考えて、多少想定よりは高くつきましたが凄く満足です。在宅勤務時も気持ちよく働けそうだし、通勤時間も大幅減ですからね。

 

実は、途中安さにつられてある物件を契約まで済ませたものがありました。

 

  • 想定と違う駅
  • 最寄駅から徒歩17分
  • 広さは満足
  • 家賃も満足

 

ここで考えました。確かに想定より安くは済んだけど、通勤時間が徒歩を考えるとあまり変わらないのではと。そうなるとむしろ引越すだけお金がかかるので、今のままのほうがコスパがよかったんです。

 

そして、その晩ゆっくり考えた時に、今回の目的から大きくずれる事に気が付き、翌日キャンセルしました。

引越しの注意点5:書かれている初期費用より増える事あり

これはレアケースかもしれませんが、やっぱり今回起こった事例。それは前家賃を2か月分払ってくださいとの事でした。そんな事、物件資料には全然書かれてないのにと思いながらも契約中にその話をされてお支払いです。

 

もしそれが無ければ、今回の引越しの初期費用は19万円程度で済んでます。ちゃんと戻ってくるお金なので貯金だと思えば良い事なので気にしませんでしたが、お金がギリギリの人にはキツイ出費となりますからね。注意が必要です。

今回の引越しのテーマは時間を買うでした。

今の生活と比べると、引越した後は2日分の時間が浮きます。この時間で僕は副業を頑張る予定ですし、目に見えない所で言うと体の疲れも減ります。

 

今住んでいる物件と比べると合計で5万円ほどコストが高くなりますが、2日分の時間が節約出来ることを考えるとプラスだと思っているほどです。

 

1ルームパック「都県内25000円~」の激安引越し!

 

会社員なら誰でも出来る家賃を浮かす簡単な方法

これが出来るのは通勤定期代が前払いの会社のみとなります。また、毎月定期の請求書を出さなくていい会社ですね。しかも当然正攻法です。安心してください。

 

会社の定期は当然、最寄駅から申請します。でも東京の場合ちょっと歩けば違う駅に着きます。それを使います。僕はこの方法で1ヵ月数千円得をしてます。歩いて体のためにもなるし、お金も節約出来る。

 

実際に僕の場合は1ヵ月で9000円程度違います。会社はいつも最短ルートの定期代しかくれません。乗り換え回数等も関係なし。良い会社では最短ルートから120%の金額アップまではOKとしてる所もありますね。

 

なのでこちらも知恵を使って交通費を節約する訳です。引越すときに事前に交通費を調べておいて、最寄駅や使える路線も調べておくと良いですよ。

今回始めて使ってみた不動産業者「ROOMAX」

なんとなくLINEを見ていたら「完全WEB完結で仲介手数料無料」との文字が。ROOMAXさんはやり取りがLINEで全て出来るので気軽にやり取りできる。実際のやりとりのLINEをしたに添付します。

 

f:id:shiro-usagi:20200713230118p:plain

 

使ってみた感想で言うと...

 

<メリット>

  • レスポンスが早い
  • 仲介手数料がない
  • LINEなので楽

 

<デメリット>

  •  物件の写真が1枚しかもらえない
  • 紹介物件がやや少ない

 

roomax.info

 

物件数は自分が気に入った物件があれば良いだけなので、使ってみるか茶あると思います。特にまだ引越しまでに時間があるという人は良いと思いますよ。家賃1ヵ月分お金がかかるかからないは大きいです。

 

上のLINE画像にも書いてありますが、初期費用の分割も相談に乗ってくれるらしい。今って不動産業界にも価格破壊の波が来てますね。

引越しは予定の1ヵ月前に動くで良い

度の物件も(特に東京は)契約をしてから2週間程度で入居しなくてはなりません。なので、普通に行くと皆さん、ちょっと余裕をもって引越し予定の1ヵ月前に動き始めるらしいです。

 

僕は粗大ごみの手配やら心配で早めに動きましたけど。僕みたいに入居が決まってから2カ月あるケースは稀です。基本は3週間前~1ヵ月前に動き始めて物件を決める。決めたらそこから2週間程度で全ての手続きを済ませるそうです。皆さん天才ですね^^。

今回引越しで必要なお金

最後はやっぱりお金で絞めましょうね!みんな知りたいはずです^^

 

では完全に僕の話ですが、今回の引越しでかかるお金をまとめます。実際一人暮らしで都内に引越す場合、この程度のお金がかかる、と言う参考金額としてみてくださいね。

 

仲介手数料 補足
物件初期費用 27万  礼金1:敷金0
駐車場初期費用 8万  仲介手数料+前家賃
引越し代 0円 自分で対応
粗大ごみ 1.8万 冷蔵庫、洗濯機など
家具買い替え 20万 ほぼすべて
  56.8万  

 

今回のポイントはやっぱり家具を全部捨てて、その分引越しを自分でやる事だと思います。アマゾンや楽天を見ると新品の冷蔵庫や洗濯機は1万円~1.5万円出そこそこいい商品を購入する事が出来ます。

 

大物は購入し新しい住所へ配送してもらい、自分では細かいものだけ運びます。洋服とかパソコンとか。ソファーやらベットも全て買い替えて20万行かない程度で済んでます。しかもノートパソコンも購入してます。(中古ですけどね)それで20万は安い。

 

 

粗大ごみのお金も含みですからね!

おまけ!次はモテ部屋のインテリアにします

最後におまけとして僕の引越し先のインテリアをご紹介。ほぼ全てのインテリアを買い替えるのですが、安くてオシャレなのを選んだつもりなんです。ちょっとだけそのインテリア達をご紹介させて下さい。

 

 

 

△ これ凄いんです。壁に貼れる間接照明。しかもすごいお洒落だしスイッチもついてかなり高機能。それが2000円ちょっとで買えるんです。これは感動しました。

 

 

 

△ 一人暮らしにとってソファは必須。良く考えてみてください。家にいる時ってベット化ソファにいる事多くないですか。ほぼ生活圏はソファーかベットという事を考えると、ここだけはちょっとお金使います。このデザイン3万円!お気に入りです^^

 

 

 

△ 部屋が狭く感じるのでセンターテーブルを置かない僕は、ソファーに座りながら塩事ができるサイドテーブル派。今回はソファーに合わせてホワイトのサイドテーブルをチョイス。ご飯もパソコンをどかしてここで食べます。

 

 

 

△ カーペットで部屋のイメージ凄い変わりますよね。今回はふかふかした厚手のカーペット。

 

 

 

△ 一目ぼれのマットレス。さらに今回は15㎝の高さのマットレスを2つ重ねます。スプリング式が嫌いなので高反発マットレスにしました。2つ重ねると30㎝に。もうベットですね(笑)

まとめ

この前ツイッターを見てたら良い事がが書いてありました。お金は努力で取り戻すことが出来るけど、時間はどうやっても取り戻せない。それを考えると一番大事にするべきは時間だとか。

 

正に今の僕にピッタリな言葉。最近は過度に節約しすぎず買いたいのもを買ってます。今回の引越しも同じ。これから頑張るぞ!

 

1ルームパック「都県内25000円~」の激安引越し!