まじメモ|白兎ブログ

仕事の悩みや転職活動での体験談、副業の様子やそこから発生するお金の事をメインに、WEBマーケッターの白兎が日々体験した事を書く40代のリアルブログのまじメモ。

IT業界専用転職サイトの「Green」にある機能「話を聞きてみたい」を使った方が良い理由。

f:id:shiro-usagi:20200223130923j:plain

白兎(@shirousagi_memo)です!^^。

 

最近色々考える事が多い職場環境なんですが、そのストレス発散としてもメンタル維持に役立つ転職活動。昔の記事でも書いた事があるんですが、仕事を辞めたいと思ったときには転職活動ってすごくいいんです。

 

それは、他の会社の様子がわかるから。冷静に考えて転職活動って面白くて、取引もないのに相手の会社の様子がわかったりするじゃないですか。それを聞いて相対的に今の環境が良いのか悪いのかがわかってくる訳で、そのまま良い会社があれば仕事変えちゃえば良いし、良い会社が無ければとどまれば良いんです^^。

 

簡単でしょ?

 

今日は、僕が最近愛用している「IT企業のみが求人を出してるGreen」と言う転職サイトの機能とメリットについての話です。

 

www.shirousagi.site

 

上の記事は使った方が良い転職サイト一覧ですね?

そうだよー、僕が愛用してる転職サイトとも言うw

 

IT業界専用転職サイトの「Green」にある機能「話を聞きてみたい」を使った方が良い理由

f:id:shiro-usagi:20200223131910p:plain

引用:IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

「話を聞いてみたい」とは書類を通りやすくする

上の画像のように僕のプロフィールに興味をもった企業から話を聞いてみたいというアプローチが来るんです。これの良い所って書類審査ではないので、転職者側からすると書類以外の自分アピールをしやすいんです。

 

だって、書類審査ではないし、応募でもないので企業も話を聞いてみてから考えようとか、転職者側からしても通常の書類審査より全然緩いので書類は通過する確率がひくいけど、面談なら自信ある!と言う人には絶対使ってみてほしいんです。

「話を聞いてみたい」のメリット

  1. 書類審査ではないので通りやすい
  2. 書類は自信ないけど面談は得意
  3. 応募要項だけだとわからない

実際に「話を聞いてみたい」を使ってみた

ここからは僕の最近の話です。

話を聞いてみたい機能を最近多様してます。で、実際にオファーが来たのでその企業に行ってきました。僕は面接ではないので仕事着のままいって来た訳ですが、相手企業はそれを理解してなかったらしく(笑)...

 

結果として良かったのは、それがそのまま面接となりました!その後、今後どうしますか?と言う質問を最後にもらったのでそのまま進めて頂いたら、後日最終面接のメールが来ました。

 

そうなんです。

要はそういう事なんです。僕も上で書いたメリットの部分と同じで、書類に書いてない事や、口で説明した方が良い事って結構あって、気軽に話をしてきました。それが良かったらしく来週、最終面接に行ってきます。

転職のコツはいかに自分を知ってもらうか

企業側の目線で見たい時にも同じですが、転職ってはずれを引けないんです。なので慎重になるし、ある意味消去法で選別がされてると言っても過言ではない訳です。

 

でも、履歴書や職務経歴書をむやみやたらに長く書く事もデメリットになる訳です。そういった時にこんな機能がある事がいいですね。多分この転職サイト運営者はそのデメリットを理解していたので作ったと思われます。

40歳以上でITを目指すなら最適な機能

企業からすると40歳以上を採用するって賭けでもある事を僕たちは理解しないとダメなんです。確かに知識や経験があるからスキル的にはマッチすることが多いですが、その分希望年収も高いし、人間的に凝り固まった部分ある事は言うまでもないですね。

 

この文章を読んで「俺はそんな事無いですよ..」

と思ったあなた!

 

一番危険です、本当に。

 

なのでこの「話を聞きたい」と言う機能は40代には最適なんです。今の転職スタイルって最初が書類選考なんですが、この機能を使う事でフローが以下のようになります...▼

  1. 話をきく
  2. その後書類選考
  3. 面接

 

これを見ると上で書いたように書類では中々審査通らないけど、面接まで行けば結構受かる自信があるという人向けと言うのはわかって貰えるかと思います。

話を聞いてみたいを送ると8割返事があった

僕は40代なので書類は通りにくいです。

ですが、この機能を使ってアプローチすると結構反応があって、体感的には8割程度のレスポンスがありました。こうなるとIT企業転職したい40代は絶対使った方がいいですよね。

面接にも自信が無いと言う致命的な場合

f:id:shiro-usagi:20200223135056p:plain

 引用:【リクルートエージェント】

 

迷わず「リクルートエージェントの面接力向上セミナー」行ってください!面倒とか言ってる場合ではないです。40代で面接が苦手だと正直救いようがないです。一度、このセミナー受けるだけで大分気持ちも楽になりますし、リクルートエージェントは無料登録できます。このセミナーも無料です。

 

それすら行けないようなら諦めた方が良いです..。

 

厳しい言い方ですが、確かにそうかもですね...

そう!40代ならコミュニケーションは抜群とは言わなくても人より上手いという事が当たり前だからね。

実際に話を聞いて見えるものも多い

  1. 会社の雰囲気
  2. 上司になるだろう人の人格
  3. 残業時間や社員数など

 

僕がこの前、実際に話を聞きに行って良かった事は会社の雰囲気です。これは大事だと思う。実際自分がそこで働いているイメージが沸くかどうかですね。実は凄い良いビルに入っていて、会議室も多い。綺麗なオフィスでした。

 

ここで働けたら最高だわとも思いました。そんな事が書類審査前に体感できるし、さらには書類も通りやすくなる。僕のようにいきなり最終面接になる事もあります。

まとめ

今日は転職活動報告と言うよりは、日々使っている転職サイトの機能の説明でした。何気なくある機能もこうやって理屈を考えると大事な機能が多いです。それは転職を成功させるためのツールなので、どんどん使ってみましょうね!