白兎のまじメモ:WEBマーケッターの戯言雑記

WEBマーケッターでありフリーランスのECコンサルタントの白兎が書くまじなブログ

Amazon Prime Videoで見つけた『移動都市/モータル・エンジン』の世界が正にファイナルファンタジーだった件。

f:id:shiro-usagi:20191208171509j:plain

 

白兎(@shirousagi_memo)です!

先にお伝えしておきます。このアマゾンプライムビデオで見れる『移動都市/モータル・エンジン』と言うアメリカ映画、メチャクチャ面白いです、ハイ^^。

 

昨日、寝る前になんか面白そうなの無いかな?と思いながら探していたら見つけた偶然の産物。でもプライムビデオで比較的上の方にあったから最近なのかな?と。特に世界観がゲームのファイナルファンタジーその物。と言いますか、グラフィックが正にそれ。

 

ビジュアルよし、ストーリーも面白くて以前、このブログで紹介した『ハンドレッド』に誓く、より近代的になって濃度も濃くなった感じ。

 

関連記事:アメリカドラマがヤバい!今さら聞けないアメリカドラマの決定版「ランキング-3」 - 白兎のまじメモ:WEBマーケッターの戯言雑記

 

移動都市/モータル・エンジン (字幕版)移動都市/モータル・エンジン (字幕版)


たった60分で文明を荒廃させた最終戦争から、数百年後。残された人類は地を這う移動型の都市で暮らす事を選択し、地上は、都市同士が捕食しあう弱肉強食の世界へと姿を変えた。 この荒れ果てた地は、巨大移動都市・ロンドンによって支配されていた。ロンドンは捕食した都市の資源を再利用し、人間を奴隷化することで成長し続ける。小さな都市と人々は、その圧倒的な存在を前に逃げるようにして生きるしかなかった。 いつ喰われるかもしれない絶望的な日々の中、その目に激しい怒りを宿した一人の少女が、反撃へと動き出す。

ジャンル アクション, SF, アドベンチャー, 外国映画監督 クリスチャン・リヴァーズ主演 ヘラ・ヒルマー, ヒューゴ・ウィーヴィング, ロバート・シーアン

 

引用:Amazon Prime

 

昨日見始めて1:30分のロングなのでまだ全部見れてないです。随時グラフィックに目が取られあっという間に時間が過ぎるのですが、なにせ眠い中見つけて途中からストーリ―追えなそうなので今日に持越し。楽しみです^^。

 

物語はかなり進んだ未来

f:id:shiro-usagi:20191208172418j:plain

物語はかなり進んだ未来と言う事。ちょっとネタバレします。この世界は地球であってかつ画像のような街なんですが、移動する街なんです。その移動都市に乗って移動する移動民族と、今と同じように平地で暮らす非移動民族との戦いです。

 

ちなみに画像は何をしてるかと言うと、後ろの都市は移動して迫ってきてます。手前の小さな移動都市は飲み込まれないよう必死に逃げる訳です。

 

f:id:shiro-usagi:20191208172840j:plain

そして捕獲されます...。

見た人は分かると思うのですが、ハウルの動く城とかイメージした人多いかも?僕はクラウドが主人公だったファイナルファンタジーの世界感その物だと感じました。実際魔高炉的な物も出てきます。

主人公のヘラ・ヒルマー

f:id:shiro-usagi:20191208173154j:plain

 

僕もまだ知らないのですが、過去の何かしらで顔に傷負った少女。それがヘラ・ヒルマーなんです。

 

ヘラ・ヒルマーさん、僕は知らなかったんですが調べてみると....▼

ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アートで演技を学ぶ。ジョー・ライト監督作の「アンナ・カレーニナ」(12)などに出演し、主演を務めたアイスランド映画「Life in a Fishbowl」(14・日本劇場未公開)では、アイスランド・アカデミー賞女優賞を受賞。ピーター・ジャクソン製作・脚本による「移動都市 モータル・エンジン」(18)で、ハリウッド製ファンタジー大作の主演に抜てきされた。他の主な出演作にTVドラマ「ダ・ヴィンチと禁断の謎」(13~15)、映画「殺意の誓約」(16)など。

引用:ヘラ・ヒルマー - 映画.com

 

f:id:shiro-usagi:20191208173625j:plain

 

なんと18歳...。

この『移動都市/モータル・エンジン』が大抜擢だそうですね。役柄は良い感じの演技で、なんかついつい見入ってしまう雰囲気の少女。最初からアクション全開で、ドライな性格を全面にだし、過去の復習を成し遂げようとする少女と言った感じです。

 

f:id:shiro-usagi:20191208173829j:plain

▲...彼は劇中最初から不幸全開(笑)

でも、多分見てると後半でキーポイントになる気がします。良くしゃべるし、頼りないけど、でも所々自分を奮い立たせて主人公の少女を運命を共にしていきます。頼りないけどなんか憎む事も出来ない...、そんな感じ。

見どころは....?

兎にも角にも世界観(CG)の素晴らしさとそれに負けてないストーリーの濃度とテンポ間。時間にして1:36分と少し通常に比べたら短いのかな?でも多分、これでも十分満足できる作品だと思います。

 

久々に映画を見た気がします。こうやって振り返ると月額500円のアマゾンプライムに加入して早1年。かなり元を取った気がします。こうやって記事を書いてる時も「Chrome CAST」でテレビにアマゾンプライムの「孤独のグルメ」流してますからね。

 

そのほかにも小栗旬さんの「クローズ」とか今人気の「鬼滅の刃」も無料ですかね。今年の年末年始は多分プライム見て終わりそう...w。皆さんもぜひ!

 

Amazon Prime Video