まじメモ|白兎ブログ

WEBマーケッターでありフリーランスのECコンサルタントの白兎が書くまじなブログ

「元気の秘訣」10年以上「1日1食スタイル」で得た効果が本気で凄かった...!

f:id:shiro-usagi:20200208213524j:plain

 

白兎(@shirousagi_memo)です^^

今回は、はてなブログのお題から記事を書きます(笑)

今週のお題「元気の秘訣」

 

実はつい先日「1日1食スタイル」の驚くべき効果を知りました。僕はオフィスワークに来てから13年近く、1日1食スタイルにしてます。仕事の関係で食べる時も当然あるけど、それでも1年の内、250日は1食。

 

その1日1食効果が....▼

 

これは僕がフォローさせて頂いてるみかえるさんのツイート。かなり興味ある内容だったので、今日はこれを深堀して本当かどうか?を調べてみます。

 

ちなみに白兎、かなり年齢からすると若く見られます。本当にネタではなく、毎回歳を聞かれた時にかなりびっくりされるし、実年齢より10歳程度若く見てもらってます。なのでどうしても嘘とは思えなくて...。

 

だって、特にアンチエイジングの何かをやっている訳ではないんです。なのでずっと不思議でした。もともとそんな顔なのかな?程度にしか思ってなくて..

 

確かに白兎さんの顔見た事あるけど、かなり若いですよね?

ありがとう。理由は昨日まで全くわからなかったけど..(笑)

 

「長寿遺伝子」「若返り遺伝子」と呼ばれるサーチュイン遺伝子

腹七分目の食生活を続ければ健康寿命を延ばせることが分かってきました。日々の摂取カロリーを25%ほど減らすと、眠っていたサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が活性化し、さまざまな老化要因を抑えてくれるのです。先駆的に長寿遺伝子の研究に取り組む古家大祐金沢医科大学糖尿病・内分泌内科学教授に夢の若返り法を教えていただきました。

引用:https://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/2012/07/20127.html

 

上の引用は金沢医科大学のページの文章。正確には1日1食と言うよりは、日々のカロリーを25%抑えると良いらしい。成人男性は日で2300カロリー程度必要なので、そこから25%を引くと、1日で1700カロリー程度に抑える事らしい。

 

なるほど...でもそう考えると1日1食がベストだね。だって2食だと超えちゃう気がする。

白兎流!1日1食スタイルをご紹介

  1. 朝:コーヒー
  2. 昼:抜くかプロテインバー
  3. 夜:米抜きの食事

 

先に僕の最近の食生活をご紹介しておきます。

 

本当に平日はほぼ固定と言っていいほどコレ。気にしてるのはダイエットとタンパク質。1日1食でコレ。最初はさすがに辛かったけど、最近は本当に調子いい。特に夜に米を食べなくなったことでやせた(笑)。また腹持ちもそんなに良くないので、寝る前に食べても朝、胃にずっしり来ることはないし。

 

コンビニの焼きサバがレンチンだけで食べれるし骨もなくてかなりおいしい!本当にこれを食べたら他のサバが食べられなくなる。ちなみにサバは食べ続けるとやせるよ!ほんとに。過去のダイエット記事リンク貼っておくので参考までに....▼

 

www.shirousagi.site

 

あと、家に常備して置きたいのが以下の2商品。これは必須だね。

 

 

 

 

 

1日1食生活にするメリット

  1. やせる
  2. 若返る
  3. お金が貯まる
  4. 時間がうく

 

芸能人でも「タモリ」さんや「福山雅治」さんも1日1食だし、アンジャッシュの「渡部」さんも1日1食。なんかそれを聞くとさらに納得感がある。これで奥さんが佐々木希だったら最高だよね....。

 

でも、実際10年以上、1食の生活をしてると上記の事はほぼ当てはまる。

米は食べなくなると無くても平気になる

米は食べないに越したことはない!と個人的には思っている。正直依存症的なほど、毎日食べてるとお腹すくし、お米がメインの食生活をしてると1食抜くだけで辛いと感じてた。

 

でもお米を食べなくなって感じたことは、食べないと慣れてくるという事。慣れてくるというか、食べなくて全然平気になる。そしてやせるという事実。今はお米は週に1食程度しか食べない。昔はあんなに食べてたのに。

『サーチュイン遺伝子』を活性化すれば若返りも可能!?

サーチュイン遺伝子は、その発生や免疫細胞の暴走を抑える機能を持っています。

結果として、脳や血管、肌など、身体中の器官を若く保ち、シミやしわの抑制や、認知症など加齢によって生じ得るさまざまな病気が発症する時期を遅らせることが期待できるのです。動脈硬化や糖尿病も、生活習慣の影響に加え、加齢とともに生じやすくなる病気の一つです。サーチュイン遺伝子の活性化はこれらの予防にもつながり、老化に関わるあまたの要因をコントロールできると考えられています。

引用:長寿遺伝子『サーチュイン遺伝子』を活性化すれば若返りも可能!? (2019年4月5日) - エキサイトニュース(2/3)

 

サーチェイン遺伝子を何かしらの方法で活性化させた時に得られる効果はこんな感じらしい。正直良い事しかない気がする。やっぱり若返りの効果あるんだ!と思うよね。実際自分が経験してるわけだし。

 

確かに僕も、周りの友人と比べて肌が綺麗かも?あと髪ね。この2つは絶対に褒められるし、ほうれい線もないし。

1日1食をうまく継続するコツ

徐々にならすのが一番だと思う。最初は朝を抜いたり置き換える。1か月くらいしたら、昼を置き換える。この時点ではまだ3食食べてる。そしたら朝を抜いて、昼は置き換えでプロテインバー×2本程度食べる。

 

当然、夕食は普通に食べる。この時最初に紹介したようにカロリーを1700カロリーに抑える努力はしたいね。最後に夕食から穀物類を抜く。僕は2か月くらいで無意識になれたけど、慣れないときついかも?

 

特に朝はプロテインを作っておくのが良いね!楽だし安いし。

 

 

 

すぐに効果が出るものでもないので、ゆっくり体を慣らしてゆっくり効果をまとう。多分、体の調子の良さはすぐにわかると思うし、若返り効果も絶対3か月もすればわかってくるはず。慣れるとこれほど良い食生活はないよ!

 

でも、飲みに行くときは食べるけど(笑)