まじメモ|白兎ブログ

仕事の悩みや転職活動での体験談、副業の様子やそこから発生するお金の事をメインに、WEBマーケッターの白兎が日々体験した事を書く40代のリアルブログのまじメモ。

次の転職活動で意識したい事や気を付けたい事。

f:id:shiro-usagi:20200202105121j:plain

 

白兎(@shirousagi_memo)です^^

 

先週に転職サイトの情報を最新にして、ひっそり転職活動を再開しました。今回の転職活動はなんだろな...なんかすごく楽な気持ちで取り組めてます。不思議なくらい。こういった時は多分ですが、いい結果が出そうな気がしてます。

 

この記事を書いてるのが日曜日。ブログの記事を書き終えたら、今度は転職活動です。今回は、次の転職活動で意識したい事や気を付けたい事、こんな観点で次は仕事を選ぼうとい、言わば自分議事録です。

 

40代で転職しよう!と思っている人に何か参考になる事も書ければいいなーと思って書いてます。脳内の部分もちゃんと書いて行きますで、転職活動を控えてる方!ちょっとよって行ってくださいね^^。

 

白兎さん、頑張って!もうここまでくれば怖い物無しですね(笑)

亀さん...本当にそうだね!何事も守りに入るとダメだし、攻撃は最大の防御だもんね。

 

転職を難しく考えずまず要点をまとめる

年齢が重なってくると、やれ「年収」とか、休みは「週末」とか、「福利厚生は?」とか、考えないといけなくなるんですが、そもそもそこまで難しくもないですよね。僕が転職で考える事は多分以下の事になります。

  1. 年収:500万あればいい
  2. 副業:OK
  3. 休日:土日
  4. 服装:自由
  5. 人数:多め

 

僕が次の転職で抑えておきたい条件はこの4項目です。特に3~4は大した事でないですね。これは妥協ではなくて、独立まで2年と区切った中で次の転職で大事にしたい事は、そのステップになる環境を選びたい気持ちが強いです。

 

当初、昨年6月の転職活動から振り返ってみると、大分心境の変化がありました。当時は「年収」に重きを置いてました。絶対年収を上げてやる!って感じで。でも、実際年収が上がっても仕事や職場が面白くない...と言う現実がありました。

 

正確に言うと、悪い意味で予想以上という事でした。別に人もいいし、仕事もそれなりなんですが、なんせ面白くない..。そんな自分がいました。....という事で、今回の転職のポイントは上記5項目で今回は攻めようと思います!

すでに何社か応募してみた

先週から実際に転職活動をしてます。そんな中で感じた事はこんな感じでした。

  1. 40代転職は書類審査が通るかどうか
  2. 大手はかなり厳しい
  3. 過去のスキルと応募先のスキルの合致

 

いくつかは「不合格」でした。まー、それはそうだろと思う企業ばかり攻めてましたからね。でも40代の転職は簡単ではないですね。それは自分でも感じます。その中で上の3項目は常に感じてる部分なので、自分なりに感じた事をちょっとご紹介。

1:40代転職は書類審査が通るかどうか

40代になると30代の時に比べても、書類が通らなくなります。大手企業になると年齢の足切りがありますからね。(そもそも弱体化した大手に興味もないですが...)ただ、これは考え方次第かな?と。

 

僕の場合、こう考えてます。書類審査は確かに通りにくいですが、逆に書類が通った場合、本当に興味をもってくれたか、必要なスキルを自分が持ってるか?という事だと思ってます。転職はタイミングです。いくら若くても転職希望先にその世代を必要としてなければ20代でも余裕で落ちます。

 

それは企業で働いていて、自分が採用の立場に立った事がある人ならわかると思います。年齢が上がってくると、その空き枠が減るので難しくなるだけの話。でも、少なからず管理職を求めてる企業もたくさんあります。今いる管理職が使えなくて困ってるという企業も多いです。

 

なので、40代の転職の場合、沢山の転職サイトに応募してその枠を探す作業が必要なだけです。20代は枠が無くても伸びシロを考えてのポテンシャル採用がありますが、40代ではそれが無いだけ。

2:大手はかなり厳しい

先ほども書きましたが大手企業は年齢での足切りがあるし、大手の場合、使えないミドル世代がひしめいてます。上の話で当てはめると大手の40代、50代ってもうその会社を辞めるつもりがないんです。それらを踏まえても大手は厳しいですね。

 

ただ、僕のように2年で起業を考えてる場合、弱体化した大手企業には全く興味がないです。人が多くて上が詰まった状態で出世どころか昇給すら危ういですし。

3:過去のスキルと応募先のスキルの合致

40代以上の転職で一番大事な事かなと感じてます。僕の場合は20代はアパレル業界。30代~現在まではWEB業界でのキャリアです。僕が攻めるのは当然WEB業界です。今から新しい事をチャレンジしたい!と言って転職活動しても通るのはブラック企業くらいでしょうね。

 

逆に、今までやって来たスキルにマッチする所をちゃんと選べば、それだけで書類が通る可能性はかなりあると思ってます。僕は昨年の転職活動では最終5社内定をもらってますからね。

自分なりのブラック企業回避方法

f:id:shiro-usagi:20200202105258j:plain

 

大事なのはここですよね。先に僕が考えるブラック企業の定義をちょっと書いてみます。ブラック企業と言っても人それぞれ定義が違うと思います。まずは温度感を合わせるためにもブラック企業の定義をサラッと書きますね。

  1. 残業代が出ない
  2. 時間外に連絡が来る
  3. 暴力的な言葉使い

 

僕の場合はこんな感じですかね。昭和生まれという事もあり、そこまでブラック企業に対して定義は多くないです。一番はやっぱり労働力に対して極端に少ない給料と言うのがありますね。1番の残業がそれです。

 

特に注意したのは含み残業代という変なシステム。出来たら避けたいですが、最近は転職者もすごくリテラシーが高いので求人によく書かれてますね。「月の残業時間は10時間程度」とかね。

転職口コミサイトは絶対見ておく

あとは「転職専用の口コミサイト」を見て置く事は必須です。当たり前のような事なんですが、意外と見てない人が多くてびっくり。僕はまずコレを見ます。

 

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

 

転職会議の中に書かれてる企業の口コミサイトを見るだけでそれなりに中の状態が把握できます。(たまにいいレビューは中の人が書いてるケースもあるので注意)でも、これはかなり役に立ちます。なので面接前に必ず見て置いて、面接のときに本当にそうなのかを、雰囲気を確認しに行く感じです。

会社サイトの閲覧と検索も必須

良い会社の傾向として、会社のサイトで従業員の顔を出してる事や社内風景が出てる場合も多いです。逆にブラックの場合、会社サイトが簡素でフリー素材が使われてる場合が多いです。僕は過去一番のブラック企業はまさにコレでした...。

 

関連記事:過去最強のブラック企業..。自分がまさか... -僕の退社エントリー③- - まじメモ|白兎ブログ

 

あとは企業名で絶対検索します。僕はね。「〇〇 2ch」とかそんな感じです。企業名で検索して求人情報が多い時も警戒したりしますね。

転職サイトは全部登録する!

 

これは40代の転職希望者全員に言いたい!選んでる場合ではない!全部登録して!

 

....という事です。

多くはないですが、転職サイトごとにそこにしかない求人もあるし、会社によっては転職サイト別で年収を変えてるケースもあります。ごちゃごちゃ考えず、少しでも内定を取れる可能性を広げるために絶対全部登録してください。僕も必要以上に登録してます。ほんとに。

 

いかに絶対登録しておきたい転職サイトを過去にまとめてます...▼

www.shirousagi.site

今回の転職は楽にいきます!

転職は絶対、めぐりあわせだし、タイミングも大事なので焦ってもしょうがないなーと思ってます。そして楽に行こう!と思えるのはブログの収入があったり、副業でECコンサルタントを始めてみたりと、それ以外のやるべき事があるからなんです。。

 

そもそも会社員1本はこれから先はきついです。会社員は最低限の年収と楽しい社内環境があれば、特に文句ないので、そいういった意味で楽に活動していきます。目標は夏には転職したいなーと。