まじメモ|白兎Blog -副業×会社員×お金-

「副業×会社員×お金」をテーマにしたサイトです。働きながら給料以外に収入を得たい人に読んで欲しい副業ノウハウを経験談を交えてご紹介してます。

【ECコンサルタント】クライアントに良く聞かれるネットショップに関する質問まとめ

 

f:id:shiro-usagi:20200730214601j:plain

 

こんにちは!しろうさぎです。

 突然ですが有料での「note」の執筆に時間を取られており、ブログの更新がサラにおろそかになっておりました。どんなnoteを書いていたかなのですが、せっかくなのでちょっとご紹介させください。

 

概要は以下となります。

楽天市場に出店したし、商品登録やお店のデザイン済んだ。そこから少し運営したけど全く売れる気配が無いという人に比較的簡単に売り上げを取りに行く方法をわかりやすくまとめてます。

 

楽天市場で一番簡単に売り上げをあげる方法!
~誰でも出来る「SEO」と「少額のRPP広告」で売り上げを取る~

 

①売上を取るためにやるべき事リスト
②少額のRPPをまわしてSEOでの順位を取りに行く
③それ以外でもやらないといけない事があるSEO

 

note.com

 

ざっとこんな感じでまとめてます。

実はこのnoteを見て、実際に対応して頂くだけで、売上に対して変化は必ず出ます。実際に本業でのECコンサルタントと副業のECコンサルタントと僕はECコンサルタントとして2足のワラジで勝負してますが、ともに結果が出てるやり方です。

 

結果が出てるというか、WEBのつくりを理解して、それに側して作業をする感じなので成果が出るのは当たり前と言えば当たり前なんですが。


でも、その当たり前を聞く場所がなかったり、楽天のECCに聞いても「広告出しましょう!」と言われるばかりなんですよね。

 

確かに広告は大事です。だって自分のお店の場所をお知らせする看板を設置する訳ですから。でも、広告を出す前に絶対やっておかないといけない事があるし、それをやらないと、仮に広告を出したとしても効果が半減します。

 

そう言ったことを要点だけを約5000文字でまとめたnoteとなります。ちなみにココナラからECコンサルを申し込んでくださった皆様には最初にお伝えしている事ですので、ご購入は不要です。

 

さてここからが本題です。

今日の記事は本業のECコンサルタントの時に、クライアント様からよく聞かれる質問集となります。おそらくネットショップをやる上で皆様、同じような悩みを持っていると思いますので、今回の記事を是非とも参考にして下さいね。

 

楽天市場の事でよく聞かれる質問まとめ

①楽天市場に出店すれば売れますか?

これは出店前の時に聞かれます。結論、売れます。言い方を変えると楽天市場で売れなければある意味諦めたほうが良いかもしれません。そのくらい日本のショッピングモールの中では群を抜いて売りやすい環境とお客様がそろっています。

②楽天市場は手数料が高いと聞きますが実際どうですか?

これは正確にお答えすると、どこまで何を使うか?によって変わりますので、安く抑えようと思えば、それはそれで可能です。

 

楽天の場合、データのダウンロード料やポイント原資、出店料、販売手数料などと掛かってきますが、当然利益が出ない訳でないです。それでも余裕で利益を出すお店や企業様が多いです。

 

僕が過去に働いていた企業では平均すると広告費込々で売り上げの20%程度。月100万円の売り上げがあると、内20万が経費でなくなるという感じでした。それを考えると決して高いとは言い切れないです

 

アマゾンでもカテゴリーによりますが15%程度の手数料がかかり、送料コストはそこから別にかかります。売れるモールと言う事を考えると個人的には妥当だと思っています。

③楽天市場で広告は出したほうが良いですか?

これ...楽天どうこうでも無い気がします。より売りたいなら広告は必須ですし、損益分岐を超えて満足できるなら、広告無しで頑張ると言う事です。ですがこの質問をされる方が見落とされてる事があります。

 

それは広告を使わないなら、反面WEBの知識が必要となると言う事です。広告はWEBの知識が無くても比較的売れます。ですが広告を出さないとなると、それ以外で集客をする必要があります。そうです!SEOです。

 

広告も出したくない、SEOもわからない、それなら商品力や価格競争力で何とかする。どうあがいても勝負できるのはこの3点のみです。それが出来ないなら一番手早い広告で勝負するのが無難ですね。

 

本業のクライアント様には流石にここまではっきり言えないんですが...(笑)

④楽天広告はどれを使えば良いですか?

これは楽天にオープンしてから半年以内の店舗様から多い質問となります。どの楽天広告を使えば良いか?と言うよりも、使っちゃダメな広告ならあります。それが純広告と言われるもの。

 

純広告とは、楽天市場内にバナーを設置したり、楽天メルマガの中に商品を掲載したりできる広告なんですが、今ではROASが100%行けば良いほうなんです。酷いお店だとROASが25%とか30%とかざらです。

 

昔は破壊力があり、本当売れました。今でもあるポイント明細メールなどの広告は非常に人気が高かったですね。でも今は枠を細分化しすぎてるのと、ユーザーがそこから離れてるので全く効果なしです。純広告は本当にやめましょう、損するだけです。逆に、それ以外の広告なら用途に合わせて使い分けてください

 

  • RPP:新規獲得とSEOアシスト効果
  • クーポンアドバンス:実売層の刈り取りとリターゲティング効果
  • CPA:低コストでの楽天内の回遊層の確保
  • ニュース広告:リピート客の掘り起こし
  • サンキュークーポン:リピーター育成
  • ポイント付与:新規獲得とCVRアップ

 

出店して間もない店舗様や、売上が伸び悩んでいる店舗様はまずはRPPを極める所から始めましょうね。

⑤楽天DEALはやったほうが良いですか?

やったほうが良いというか、審査があるので一概には言えませんが、周知や拡散、実売を兼ねた広告なのは間違いないです。しかもどの枠も従量課金型なので、無駄が無いのは確か。

 

仮に20%還元でDEALに出した場合、楽天の手数料が10%なので合計で30%が広告費となります。結論を言うと、このコストが全然消化できるならやったほうがいいです。いまだに売れる広告である事に間違いないです。

⑥楽天の商品数は文字数いっぱいまで入れたほうが良いですか?

はい、楽天サーチのアルゴリズムは決して複雑ではないです。なので同じキーワードもでも同じようなキーワードでも沢山入れてあげてください。実際に自店の競合となっている商品を見てみると狙いたいキーワードが2回~3回は入力されてると思いますよ。

⑦ECCは交換してもらう事は出来ますか?

出来ます。これ結構聞かれる内容ですし、楽天市場の場合、担当のECCの力によって大分売上も変わってきます。基本、みなさんしっかりされてるのですが、中には率直に使えない人もいます。その場合はお問い合わせからその旨相談しましょう。

 

ですが、単に好き嫌いでは当然ダメですよ。あくまでビジネスですからね。

⑧あす楽は売り上げに効果ありますか?

かなりあると思って頂いて問題ないと思います。

 

  • 導線が増える
  • あす楽商品で探すユーザーが一定数いる
  • 検索で優遇される

 

単純に配送は早いほうが売れます。さらには楽天サーチの順位で優遇されるので、あす楽をやってデメリットが無いくらいです。出来るだけ対応してくださいね。

YAHOOショッピング・PAYPAYに関する質問集

①YAHOOとPAYPAYはどちらが売れますか?

これは何とも言えない状況なんですが、可能性としては以下になると思います。

 

  • メーカー様やナショナルブランド様はPAYPAYが良い
  • 他社商品仕入れはYAHOOショッピングが良い

 

と言う事です。

 

PAYPAYはショップ機能はあるのですが、アマゾンに近いです。自分の商品がありJANコードを持っているのであればPAYPAYのほうが色々な意味で可能性があります。それだけPAYPAYはナショナルブランドを優遇していると言う事になります。

 

逆に仕入れメインでオリジナル商品が無い場合はPAYPAYに出店が出来ないのでYAHOOショッピングと言う選択しかないと言ったほうが適切になります。

②YAHOOショッピングは広告を出したほうが良いですか?

はい!YAHOOは楽天以上に検索がシビアです。それは売れてる商品がより検索で上に出てくると言う事。楽天もそのロジックは持っていますが、YAHOOのほうがより重要性をもって判断されます。

 

ストアマッチやアイテムマッチで1つの商品にアクセスを集めて検索を上げていきます。その後は僕の有料noteに書いてある事を対応していく流れです。検索で上を取れればそこから流入があり、より売れる環境になります。

 

広告は売るためと言うよりは、検索で上位に来る前と言うスタンスとなります。最初はきついかもしれませんが、そこを乗り切ればより売れる店舗に必ずなります。

その他ネットショップに関する質問まとめ

①自社とYAHHOOはどちらが良いですか?

それはYAHOO一択ですね。そのあたりの事は以下の記事でまとめてますので参考にして下さいね。正直言って安く済むから自社サイトで!と言うのはもう通じませんし、むしろモールよりコストがかかる結果になります。注意してくださいね。

参考記事:自社ネットショップあれこれ

www.shirousagi.site

②自社サイトを作る場合、どのカートシステムを使えば良いですか?

自社をやるにあたって気を付けたいのが「EC-CUBE」は避けると言う事。理由は簡単でコストがすごく掛かります。なぜかEC業界では「EC-CUBE」が安いと思われていますが、サーバー保守やカスタマイズにお金がすごい掛かります。

 

あとはどんな事をやりたいのか?で選びます。

 

最近人気なのは無料でお店が出せる「BASE」や月額800円程度でしっかりとしたショップが作れるGMOの「カラーミーショップ」この辺りは月額100万程度の売り上げまでとみておきましょう。

 

それ以上を求めるなら「MAKE-SHOP」などで出店するのもありですね。それでも月額数千円程度です。ここのコストを無駄に抑えるとあと後必ず後悔しますからね。

③AMAZONはあまり売れないと聞いたのですがどうなんですか?

これもよく聞く質問です。実は「アマゾン」コスパだけで言えば最高です。どういう事かと言うと、手をかけずにある程度の売り上げが安定して入ってくると言う事なんです。

 

確かに単純に売り上げ高で言えば楽天を超えるは難しいです。ですが、商品登録をして、ある程度放置でも売り上げが立つのが「アマゾン」なんです。

 

逆に楽天は売れる分リソースが掛かります。手入れも常に必要ですし、手間もかかります。手間がかかる分売れると言っても良いですね。その点を考えると「楽天市場」「YAHOOショッピング」「アマゾン」は出店しておきたいショッピングモールとなります。

④アマゾンのFBAは使ったほうが良いですか?

もちろんです。アマゾン全体でもFBA商品の売り上げが約7割となります。言い方を変えるとFBAをやらないと残りの3割での取り合いです。やるかやらないかはこれだけで十分ですよね。

⑤ネットショップは月いくらまで1人で運営可能か?

個人的所感で思うのは月500万です。500万までの売り上げなら工夫すれば一人で回せます。当然何を売るかによりますが。500万を超えたあたりから色々と無理が出てきたり、大事な部分に手が回らなかったりとなってきます。

⑥商品数は多いほうが良いですか?

この質問は楽天市場・YAHOOショッピングなど全ネットショップに対して言える事ですが「多いほうが良いです」。自分がユーザーの気持ちになって考えてみれば悩むところでは無いですよね。

 

商品が多いほうが良い理由!

  • 買い手側が購入しやすい
  • 送料縛りの金額まで合わせ買いなど
  • 検索ワードが強くなる
  • ショップのワード含有量が増える

 

何となく思いつくだけでもこれだけの事があります。もし悩むとすれば仕入れ先などがお送りなったり在庫が多くなるので管理が大変と言う事。ですが、商品を増やそうかどうしようか迷っている位なら、一度増やしてみてダメならまた減らせば良いです。とにかく少ないよりは多いほうが良い!これだけは言い切れます。

ショッピングモールの売れる順番!

1位:楽天市場店

f:id:shiro-usagi:20200815131335j:plain

どうせネットショップをやるなら日本一を目指したいです。その事を考えると選択肢は楽天市場一択となりますね。確かにコストもそれなりにかかりますが、その分間違いなく売れます。

 

 楽天市場出店の資料請求 

2位:YAHOOショッピング

f:id:shiro-usagi:20200815131508p:plain

 

最近忘れ去られている事実としてYAHOOショッピング、売れなければお金は一切かかりません、そこ事を考えるとYAHOOショッピングは出店しておいて損はない!それが2位となった理由です。出店しているだけではお金が掛からないモールはいくつかありますが、その中でも一番集客力があるモールとなります。

 

 ネットショップ開業ならヤフーショッピング

3位:Qoo10

f:id:shiro-usagi:20200815131828j:plain

こちらもYAHOOショッピングと同じで出店しているだけならお金が掛からないモールです。ですがもともと韓国のショッピングモールだった事もあり価格競争が激しい分、コスメや美容系のアイテムが売れてます。

 

 販売手数料0円キャンペーン!

4位:amazon

f:id:shiro-usagi:20200815132044p:plain

 

出店料は月額4900円。販売手数料が8%~15%と手数料は高め。でも無名の店舗でもFBAをうまく使えば売れます。僕も個人の副業で月商250万までは稼いでました。大きな売り上げは見込めませんが、ある程度決まった売上が取れるのでコスパとしては比較的最高です。

 

 Amazon出品サービス

 

以下同列・ポンパレモール:独自ドメインサイト:auショッピングモールなど

この辺りは何の商品を販売するかで多少は変わりますが、出店コストは楽天とほぼ変わらないため、これらに出店するなら楽天や上記のモールで勝負したほうが全然可能性がありますl。それを考えるとすべて同列と言ったところです。

まとめ

この記事は常に更新し、出来るだけ最新の状態を保てるようにしますね。現在も色々なコンサルの仕事をさせて頂いてますので、出来る限りネットショップで頑張る皆様のお力になれる記事にできるように頑張ります!^^