まじメモ|白兎ブログ

仕事の悩みや転職活動での体験談、副業の様子やそこから発生するお金の事をメインに、WEBマーケッターの白兎が日々体験した事を書く40代のリアルブログのまじメモ。

FXで勝てるようになる為のロードマップ『1』注文方法を覚える!

f:id:shiro-usagi:20200322193855j:plain
白兎(@shirousagi_memo)です!

 

1週間前から1万円を元手にFXを始めました。何とか最初の週は+1500円で終わる事が出来ました。元手1万で1500円だと15%アップです。1週間で元本が15%って正にFXの醍醐味だと思うんですが、今日はそんなFXを始めたばかりの人に贈る内容。

 

特に僕も苦手とする所なんですが、FXってポジションを持つときに色々な注文方法があるんですよ。この記事を書きながら僕も覚えちゃおうと思っているのでFX初心者の方は是非読んで欲しいです。

 

▼ FXで1万円をどこまで増やせるか?【FX1万円生活】始めました。

www.shirousagi.site

 

ちなみに注文方法ですが、どのFX口座を使うのかによって多少異なってきます。僕は「JFX株式会社」を使っているのでそれを基準にしますね!

 

様々な注文方法を覚える!

f:id:shiro-usagi:20200321205245j:plain

 

これが「JFX株式会社」のスマホ画面。取引のところを見てみると...

  • 成行注文
  • 時間指定
  • OCO
  • IF-DONE
  • IF-OCO

 

成行注文

FXを始めたばかりの時に一番良く使う注文方法が「成行注文」だね。スキャルピングとって数秒から数分で決済する場合も使うね!成行注文とは今のレートで注文したい場合の時に、注文ボタンを押して注文をする方法。

時間指定注文

時間指定注文とは、通常のFXの注文方法は価格を指定する注文が一般的ですが、時間指定注文は名前の通り、指定された時間で注文が約定する注文方法です。

(FX口座によっては無い場合がある)

 

時間もしくは指定の利益価格に達したら約定する時間指定方法で、例えば100円からロングしたポジションが101円で利確されるか、もしくは指定した17時になったら決済されるという注文方法です。

 

これは意外と使えるんです。FXは日をまたぐとスワップ金利と言うものが発生しますが、決してスワップ金利はプラスとは限らず、その時間前に決済してしまおうと言う場合ですね!それ以外でも結構使えそうな場面が多いのが時間指定注文。

OCO(重宝します)

OCO注文は2つの注文を同時に出しておいて、どちらかが成立したらどちらかをキャンセルするという魔法のような注文です。これからの相場がどうも読めない上がったら売って利益にしたいけど、下がったらさっさと損切りしたいなぁ...

 

その両方の希望をかなえるため、どちらも注文しておいて、片方が成立したら、もう片方はなかったことにしてしまう。それがOCO注文です。

 

へー、そんな注文方法があるんですね...

そうなんだよ!FXって注文方法覚えるだけでも大変(笑)

 

僕のようにスイングトレード(数日間で決済)をしたいなーと思っている人は一番使いそうなOCO注文。要は損切決済予約も同時に入れる事が出来るので、チャートが予想とは逆にいった時にも損切をしておいてくれると言う優れもの。

IF-DONE注文

IF-DONE注文とは「新規注文を発注すると同時に、その新規注文に対する決済注文を予約しておく」注文方法です。

 

これはイフダンと読みます。これも簡単でこの決済方法ではあらかじめどの価格まで行ったら決済して!と言うもの。これを使いこなすにはチャートをちゃんと読める人だね。だって損切の決済予約はないからね!

IF-OCO

IF-OCO注文は、IF-DONEとOCOを組み合わせた注文方法です。新規注文を出すと同時に、2つの決済注文(利益確定注文、損失限定注文)を出すことができる注文です。決済注文は、片方の決済注文が約定すると、もう一方の注文はキャンセルされます。

 

イフダンに比べるとグッと利用率が高くなる決済方法なのかな?個人的には損切注文予約が出来てないのは怖いからね。でもこれは注文する時、レートの設定が面倒(笑)だって同時に3つのレートを入れておかないといけないからね。

  1. 注文レート
  2. 決済レート
  3. 損切レート

 

でも取り扱い金額が大きくなってきて、スイングトレードやロングスパンでトレードする場合は覚えておきたいし、出来たら使いこなしたいね。

 

ここまでが「JFX株式会社」で主に使える注文方法だよー!これだけでも結構多いな(笑)

指値と逆指値とは?

FXの注文方法とは別に良く使うFXの専門用語を一緒に書いておきます。かなり良く使う用語なのが「指値と逆指値」という言葉。

指値

現在のレートより「下がってから買う」ために出す注文が指値注文です。

逆指値

「上がってから買う」ときは逆指値注文です。

 

簡単に言うと「買い」が指値で「売り」が逆指値と覚えても良いかな?

負けがかさむと成行ばかりになる

これは経験談。

負けが込んでくるともう注文方法なんて気にしてられない...と言う状況になる。これは絶対なる。出来たら注文方法をしっかり理解して検証しながら僕はトレードをしたい。

 

特にマイナスが膨れると焦るけど、人間は不思議な物でプラスが膨れても、いつ下がるかで不安になる。OCOをうまく使えば後はほったらかしでもなんとかなる。常に成り行きだとポジションを持ちすぎてコツコツドカン(利少損大)となるから気を付けないとね。

 

僕は来週はOCOだけを使ってトレードしてみようかな?それで勝てるのであれば、慣れてきたら次の注文方法のみで勝負...みたいな感じで実践で覚えようと思います。

<余談>FXを一週間やったリアルな感想

詳しくは記事の頭に張ったリンクから読んで見てね。FXはよくルールが必要と言うけれど、正直やる前からルールは作れないし、わからない。なのでやりながらルールらしきを模索していくと言うのが正しい。

 

僕のように1000通過から始めると利益も少ないけど、損も少ない。でもそれでも1日で1000円稼げたりもする。1日1000円稼げれば月で2万円。副業としては言う事なし。僕のブログなんて9ヶ月でやっと月2万だからね。

 

またチャートはずっと見てると何か見えてくるものがある。ピアノをやっている人が何年か後に絶対音感を手に入れるのに近い感じがする。なので最初は勝つよりも負けないトレードを考えて勝負した方が良いと言われた...それがめちゃ難しいけど(笑)

 

ちなみに「JFX株式会社」で口座を持つとこんなものを見る事が出来る...▼

f:id:shiro-usagi:20200321214621j:plain

 

過去のチャートから未来を予測して導き出した未来予測のチャート。まだ使った事が無いけど面白そうだし精度も確認したいのでそのうち使ってみる。「1週間未来予測チャートだけ取引してみた結果」とかブログ記事として面白うそう(笑)