まじメモ|白兎Blog -副業×会社員×お金-

「副業×会社員×お金」をテーマにしたサイトです。働きながら給料以外に収入を得たい人に読んで欲しい副業ノウハウを経験談を交えてご紹介してます。

ブログのキラーページ(収益化ページ)について勉強してみた。

f:id:shiro-usagi:20200329014404j:plain

白兎(@shirousagi_memo)です!

 

ブログの記事も600記事を越えて来た今日この頃...、そろそろブログの収益化を加速させるために本気で収益化の記事(キラーページ)を勉強してみようかなーと思いました。

 

別にキラーページが無くても収益化は出来るし、出来てるんですが、それだとブログの収益が大きく伸びるのは難しいのかな?と感が手ます。

 

 

ツイッターでも呟いたように、2020年の3月は微増ではあるんですが過去最高になりそうな予感。3万円目の前と言った感じです^^。でもやっぱりブログの収益はあげたいし、その為の勉強はやっておこうというのが今日の趣旨なんです!

 

ブログって書いてるだけだと収益にはなりませんもんね!

そうだね。今日はちょっと記事を書きながら、本気でキラーページについて勉強するよー

 

ブログの収益化ページ(キラーページ)は、集客用の記事からリンクを張り、実際にユーザーの人にコンバージョンしてもらう記事だねー。例えば転職や会社の体験談を書いた記事を読んだユーザーが「転職っていいなー」と思ったら、その下に転職サイト一覧とかあったら見ちゃうからね!そんなページの事だよね。

 

でもここで問題が...?

 

既にこのブログにはキラーページがあるんだけど...

そう!このブログにもキラーページとして書いた記事があるだよね?でもCVRしないのはなぜ...?って事...org

 

僕が思うに単にサービスを並べてるだけだからだと思う。でも今回僕が勉強したいなーと思うのは、CVRするキラーページが作りたい!という事。この時点で答えは出てる。僕のキラーページは集客してる記事とコンバージョンする記事の要望がマッチしてないか、範囲が広すぎるからダメなんだよね。

かなり細かく設定が必要!

転職サイトでも、転職する人の職業はさまざまなので、WEBでもEC業界からEC業界に入りたい人の気持ちや環境をくみ取って記事を書いて、そのページに「EC業界に強い転職サイト一覧」とした方が絶対コンバージョンするもんね!

 

なので、僕の場合はまず記事を書く段階で細かくユーザー心理を考えてあげる必要があるね。

実際に収益化ページはどんな風に作るのか調べてみた

どんなページがキラーコンテンツにあたるの?

  1. 口コミまとめページ
  2. ユーザーインタビュー
  3. 使い方動画
  4. サービスをまとめたページ
  5. カスタマーサービス(返品保証や購入後のサービス)

 

僕は収益化のページってサービスをまとめておくページと思っていたけど違った(笑)ユーザーの方がそのサービスやモノを使うときに、最終的に確認しておきたい事をちゃんと書いたページがキラーページとなるらしい...。

 

上に書いた口コミページなんて正にそれかも!と思った。楽天やYAHOOで商品を購入する時に、必ず口コミを確認するように購入しよう!と思った時に次にする事が確認作業だね。これを買って本当に大丈夫?とかリスクは?って感じだね。

 

まずここを勘違いしてたなーって事だ。

サービスのまとめは収益化ページにならない?

多分ならない気がする...。

  • STEP1:各サービスまとめ
  • STEP2:各サービスの詳細

 

こう考えるべきだね。これなら僕のブログのキラーページがコンバージョンしないのも納得。むしろこう考えるべきかな▼

  • STEP1:集客ページ
  • STEP2:各サービスまとめ
  • STEP3:各サービスの詳細

 

僕は集客のページにもサービスまとめにも収益リンクを貼ってる。それが間違いとも思わないけど、ユーザーの気持ちを考えると、その後の詳細でそのサービス1つを細かく説明して初めてコンバージョンするんだね。

 

本気で契約や購入を考えるときのユーザー心理を考えてみると、どのような機能のページが「必ず確認しておきたいページ」で「買いたい気持ちの最後の後押し」になるか見えてきます。BtoBや金融商品・不動産などのBtoC高額商品などは比較ページや費用詳細、契約後をイメージできるものがキラーコンテンツになりそうです。気軽に買えるBtoC商材は口コミページなどユーザーの評価や感想は購入直前に必ず確認するページですね。SATORIでは、比較ページや事例ページをキラーコンテンツと位置づけしています。

引用:「キラーコンテンツ」2つの意味、作り方と使い方(コンテンツマーケティング) - マーケティングオートメーションツール SATORI

 

と、いう事は白兎さんはもう1記事必要だった?という事ですか?

多分...そうだと思う。

キラーページまでの流れを考えてみた!

本気でブログの収益を伸ばしたいので、リアルにこのブログ(まじメモ|白兎ブログ)のコンテンツで考えてみた!

集客用の記事

僕はFXの記事を書いてんですが、そのFXで収益化したい時は、FX初心者などのワードで集客したり、FXで勝てないとかで記事を書く必要があるよね。それはさすがにわかる。実際ここで大変なのがよく言われるキーワード選定だよね。

 

何でキーワード選定なのかと言うと、ビックワード過ぎて書いてる内容が良いにも関わらず、検索が低すぎて人が来ないとか、そもそもそのワードを検索する人はFXの口座開設を求めてないとかありうるよね。だからキーワード選定が大事だね!

 

FXだと収益化は新規のFX口座開設が多いから、それを考えると...

  • まだFX口座を持ってない
  • 今使ってる口座を変えたい
  • FXをやってみたい

 

こんなユーザーさんを呼ぶ必要があるから、それに伴った記事を書いて、次のサービス一覧のページに誘導!かな?

 

この時点で結構難しいですね~。

そうなんだよ~。僕は自分の体験談がメインだから特にねー。

各サービスの集約記事

次に上の集客ページからこのサービスを集約したページにリンクだよね。FXで口座を開きたい人や今の口座を変えたいなーと思っている人が見てくれそうなタイトルにして内容を書く。

 

このページの役割は、比較なのかな?多分比較だね。一覧で出してる意味ってこれだもんね。今までサービスを並べただけだったからちょっと反省。各サービスを並べてどのサービスが勝っているのか?どのサービスが何に特化しているのかを解りやすく比較しておく必要があるね。

 

で、次の各サービスの詳細になるね

各サービスの詳細ページ

ここでは各サービスのメリットとデメリットを書くのかな。多分そうだよね。最終的にこれにしようかな?とユーザーさんに思わせる内容が必要だね。意外と難しいかも?でもここまでの3ステップまでくれば今までよりは収益化が出来そうな気がする。

 

今日の勉強内容になるブログの収益化の記事ってこの各サービスの詳細ページになるね。詳細ページは集客を考える必要はないから、細かく分かりやすく書く必要があるのかな。

 

で、調べてみた!

 

集客コンテンツの目的:
サイト自体への流入を促すことです。SEOを狙う集客記事として考えていただければ良いでしょう。あくまで、サイトへ集客することが要素になりますので、その記事内で問い合わせや金額の発生を促すものではありません。

キラーコンテンツの目的:
問い合わせ増加、広告クリック増加です。集客コンテンツからサイトへ流入してきたユーザーを刈り取りに行く目的を持つものです。

 

なるほど、僕の場合は収益化の記事の内容が悪いとかではなくて、そもそも僕が思っていた収益化のページはもう一つ先が必要だったんだね...。勉強になった。

 

 

これは参考になる。

内部リンクが多いのもダメだよね。僕も結構やってしまう。キラーページが無い!ってのものエントリーしてるね。昨日の僕みたいにキラーページを勘違いしてる人も多そうな気がする...。

 

明日からキラーページ作らないとと思ったけど、その前にまとめページが必要かな。手順としては「集客用の記事」を書いてから「まとめページ」を作って「キラーページ」だと思う。多分キラーページってそこまで文字数多くならない場合もありそう。

 

勉強がてら記事を書くのも良いですね^^

うん、色々調べてみて凄く勉強になった。明日からキラーページ作ろ!

 

僕は、集客用でしか基本記事を書いてなかった...org

反省だね。