まじメモ|白兎Blog -副業×会社員×お金-

「副業×会社員×お金」をテーマにしたサイトです。働きながら給料以外に収入を得たい人に読んで欲しい副業ノウハウを経験談を交えてご紹介してます。

【お金の節約術】在宅ワークが月に何回までなら定期を買わないほうがお得?実際に計算してみた!

 

f:id:shiro-usagi:20200816131034j:plain

 

こんにちは

白兎(@shirousagi_memo)です。

 

僕は現在、週に2日程在宅ワークとなっております。そこでふと思ったのが「これなら定期買う必要ないんじゃない?」と言う事実。僕の場合、月の定期代が2万5千円程。消して安い定期代では無いですね。

 

なので今日はなのですが、2020年の9月を元に実際に計算してみます。もし回数券や実費のほうが安ければ、節約の兼ねて9月は通勤定期を買わない方法で行こうかと思っています。

 

ちなみに余談なのですが、先日その2万5千円の通勤定期を落としました....。

 

心優しい人が警察署に届けてくれたので数日後見つかりましたが、仕事は待ってくれないので、泣く泣く新しい通勤定期を購入。その2日後、警察から電話が来ました。

 

結果として1ヵ月定期でも「7日以内」なら払い戻しOKという事で2万5千円のうち、2万4千円程度戻ってきました。本当に良かった^^。拾ってくれた方、本当にありがとうざいます。皆さんも通勤定期の取り扱いは注意しましょうね。あと通勤定期を購入するする時、電話番号を入力すると思うんですが、ちゃんと入力しておきましょうね!

 

PASMOの払い戻しの公式ページのリンクを貼っておきますね!

www.pasmo.co.jp

 

在宅ワークが月に何回までなら定期を買わないほうがお得?

まずは僕の情報を出さないとですね。僕の場合は以下の通勤定期を購入しております。

 

f:id:shiro-usagi:20200816122740p:plain

 

  • 乗車駅:南越谷
  • 降車駅:都庁前
  • 片道料金:632円

 

こうやってみると片道の電車料金が高いですね(笑)

月2万5千円かかるのも納得です。ちなみに通勤定期代も念のため画像を入れておきます。

 

f:id:shiro-usagi:20200816123002p:plain

 

  • 通勤定期代:25,130円

通勤定期以外の状況を整理

次にまとめておきたいのが、通勤定期以外で何があるのか?という状況の整理。よく言われるのが回数券。この電車の回数券って今調べてみたら結構色々なパターンがあるんですね。皆さんご存じでしたか?

 

ちなみに僕はPASMOユーザーなので、すみませんPASMOをサンプルとして挙げてます。ほかの鉄道会社は違う可能性がありますのでご注意くださいね。

回数券のパターンを覚える!

お客様の使い方に応じて、普通回数乗車券、時差回数乗車券、土・休日割引回数乗車券の3タイプをご用意しています。東京メトロ線のどの駅からでもご利用になれます。枚数や利用制限にご注意ください。

参考:回数券 | PASMO・定期・乗車券 | 東京メトロ

 

僕がPASMOの公式ページを見た感じ、回数券って以下のパターンがありました。

 

  • 全日使える回数券:10枚購入で11枚
  • 平日10時~16時まで利用:10枚購入で12枚
  • 土日祝と年末限定:10枚購入で12枚

 

スポーツジムの時間帯利用で月額が安くなるのと同じで、電車の回数券も時間を限定される事でサービスされる枚数が違うみたい。10枚購入で12枚付いてくるなら1日分無料と言う感じですね。確かにお得。

 

僕の場合は平日利用だし16時までとか無理なので自然と一番上の「全日使える回数券」以外の選択肢が無い。でも仕事によっては週末限定とかで対応できる人もいると思うのでじっくり考えてみてね!

実費で払った場合の料金

 

  • 片道料金:632円

 

先ほど上でも書いておいた片道料金。なので単純に「×2」をするだけで1日の電車代の実費が出ますね。僕の1日の往復の電車代は「1,264円」となります。

 

これでほぼ選択肢の状況が揃った感じですね。

通勤日数が何日あるのか計算してみる

f:id:shiro-usagi:20200816124519p:plain

 

ここで整理しておくと僕は「月・金」が在宅ワークとなります。それを元に9月の予定出勤日数を計算してみると「13日間」。特に9月は祝日もあるので出勤が少な目ですね。

 

通勤定期・回数券・実費、どれがお得?

 

こうやって見てみると意外と定期は不要なのかな?

僕もそう思う!ちゃんと見直すって大事かもね^^。

通勤定期代の場合

普通通り購入すると「2万5,130円」の購入となります。これはもう言うまでも無いですね。定期の場合のメリットは1日何度乗っても同じ料金なんですが、僕は過去を振り返ってもそれの必要が無いですね(笑)

回数券の場合

9月は13日の出勤と考えると「10枚で11枚」のセットを2回購入する必要がありますね。それで11日分の電車代が確保できたので、あとは実費で2日間の通勤電車代を払うイメージなると思います。

 

10月も回数券を使うならもう1セット購入しても良いとは思うんですが、僕の会社の場合、いつ在宅ワークが解除されるのかが分からないので念のため実費負担とします。そこで計算してみると以下の金額になります。

 

  • 回数券1セット:6,320円
  • それを2セット購入:12,640円
  • 実費2日分:2,528円
  • 合計:15,160円

 

凄い!

通勤定期を買うよりも約1万円もお得。これは安い。9月はこの時点で定期を購入するという選択肢が無くなりますね(笑)

実費購入の場合

ここは単純に1日の交通費を出勤日数で×だけ。

 

  • 1日の交通費:1,264円
  • 13日出勤:16,432円

結果Iいくらお得になるのかまとめる

  • 通勤定期:25,130円
  • 回数券:15,160円
  • 実費負担:16,432円

 

結果は明確!

一番お得なのが回数券と実費負担の併用で約1万円も節約出来る!

ココだけ注意しよう!

これはあくまでも、9月が予定通りに進んだ場合のみ。僕の会社のようにいつ何時、在宅が解除されるかわからない場合は、反対に損をする可能性もある。

 

でも、こうやって日々の生活でも節約できる部分を考えながら過ごしていくと、結構バカに出来ないお金が節約できるような気もする。アフターコロナの生活ってこうやって変わっていくんだなーと少し時間。

 

お金を稼ぐのって大変だけど、節約は意外と簡単に出来る。あとは自分がどれだけ日々の生活に気を遣うか?と言う所ですね。この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^!

節約の本でお金の勉強!