白兎のまじメモ:WEBマーケッターの戯言雑記

WEBマーケッターでありフリーランスのECコンサルタントの白兎が書くまじなブログ

僕が楽天市場のあるショップをサブジャンル1位にした時の手法。

f:id:shiro-usagi:20191201003006j:plain

 

はい、白兎(@shirousagi_memo)です!^^。

こうやって毎回ツイッターのURL貼ってますけど最近ビジネス系のアカウントばかりからフォローされるのでツイート辞めてますw。

 

今日は過去に働いていた楽天市場のショップでサブジャンルで1位にまで持っていた方法をご紹介!なので読める人は大分狭い分野になってしまうのですが、これから楽天市場に出店しようとか、今楽天で売り上げが伸びない人は是非読んでいってください!

 

....とは言っても!

ECの運営に魔法はありません!なので如何に泥臭い作業を毎日こなすか?と言う所がキーポイントですし、コツを掴めば大きなショップに長い目で勝つことも全然出来ます。

 

大事なのはブログと同じで継続ですね!^^。

まずは楽天の送料無料3980円を狙う!

▼...過去に書いた記事です。最近楽天ユニオンなどの団体でも出来ましたね。個人的には凄く反対ではあるですが....そんな事よりこの動きをチャンスととらえる事も出来ます。

 

www.shirousagi.site

 

来年早々、楽天市場の商品の3980円以上の商品が全て送料無料になりますね。ここでまずは覚えておきたのは間違いなく楽天は3980円以上の商品に人を集めます。これは間違いが無い事実。

 

だってそうする事でしかこの選択が正しかったと証明できません。なのでかなりの資本を投下して人を集めますし、もしかすると楽天スーパーセールのように検索結果を3980円以下と3980円以上に分けるかも?とすら思ってます。

苦しいのはどこも同じ!とすると...

ショップ側が売り上げアップを狙うチャンスなんです。なのでもし売上を上げたいなら絶対この3980円のラインで商品を多く用意するべきです。それを視野に入れてまずは考えましょう。

 

どうしても値上げをしなくてはならないショップの多数あると思いますが、その場合3980円以下も値上げをしてむしろ全商品送料無料で勝負もありだとすら思います。

 

...とそんな話はさておきw。

僕が楽天市場のあるお店をサブジャンルで1位にした方法

 

とは言っても大したことはやってませんので期待しないで...

えぇ.....

 

楽天市場の仕組みを理解する

楽天市場で勝つためにはまず自分の商品を検索結果の1ページ目に出す必要があります。そこで楽天のSEOをちょっと簡単に開設します。たまにこのロジックを絶対コレ!と言い切ってる人いますが絶対に分かりませんのでご注意です。

 

  1. 商品名とキャッチコピーを文字数一杯入れる
  2. 商品ページをしっかり作る
  3. 楽天GOLDよりは商品ページに人を集める
  4. 売れた数と在庫数は凄く大事
  5. CVR率も凄く大事
  6. レビューも大事(※)
  7. アクセス数も大事
  8. 画像にはaltタグを全部入れる
  9. h3タグを使う

 

ざっと上げるとこんな感じ。要はこれを毎日コツコツこなします。では1つずつ掘り下げましょう^^!

商品名とキャッチコピーを文字数一杯入れる

楽天市場サーチはグーグル程賢くないです。なので同じキーワードがタイトルに複数入っていても特にペナルティーも無い状態です。(やらない方がいいですが...)なので文字数制限一杯まで入れましょう!

 

以下のような表記ゆれも対応してないので入れてきます...▼

  • 財布 ウォレット 長財布 革財布  

 

楽天の商品名ってこんなの多くないですか?アマゾンなら表記ゆれや誤字ですら認識して補正してくれますが楽天は無いんです。なのでこんな商品名になってしまうんです。

 

基本スタイルとして商品名は商品を表すワードで埋めて、キャッチコピーにはサービス等を入れてあげて下さい!「名入れ可能」とか「送料無料」とかね。

商品ページをしっかり作る

これは商品情報ですね。最近は画像だけで作るケースも多いですがその場合はページ↓でも良いのでテキストをしっかり入れておきましょう。それも出来ない場合は後でも出てきますが画像名をしっかりHTMLで指定してあげて下さい。凄く大事です!

 

最近の楽天サーチの傾向として商品名にブランド名が無くても商品ページに入ってればしっかり検索はヒットします。と言うか比較的それでも上位を狙う事が出来ます。なので商品名に入れるのはちょっと...と言うワードはこの辺りで入れておけば大丈夫!

楽天GOLDよりは商品ページに人を集める

楽天にあまり慣れてないデザイナーさんがやりがちですし、GOLDサーバーに入れたほうが良いページが作れますからね。でも当然GOLDは検索もヒットしません。なので出来る限り商品ページで全て情報が網羅出来ウようにするのがベスト!

 

ではGOLDサーバーは?となりますが、ここはブランドの紹介やGoogleのオーガニック狙いです。または楽天市場のイベント会場ページとして使うケースが多いですね。僕はあまりGOLDを使いませんでした。

売れた数と在庫数は凄く大事

言うまでも無くメチャクチャ大事な指標です。確か2018年のロジック変更で当時はレビュー第一主義だったロジックも売り上げ主義に変わりましたね。ユーザーからすると確かにUIの面ではいいかも?と思います。

 

とにかく検索で上に出したいなら売る事!とちょっと矛盾しますがここはRPP広告等をしっかり使って頑張るしかないです。在庫数も0になった時点で検索から外れます。なので在庫システムも今は安価なので入れておいた方が後々楽です。

 

 当然、売れ行きだけで検索結果が決まる訳では無いのでレビューもCVR率も大事です。100万の商品が1個売れるより1万円の商品が100個売れたほうが楽天SEOでは全然有利です。

アクセス数も大事

もうここは書くまでも無いかな...。

画像にはaltタグを全部入れる

楽天で商品登録をする際、画像が20枚まで登録出来ますね。その時に画像名も登録できます。まずはここをしっかり登録しましょう。面倒だと思いながら全部同じ名前はダメですよ!

 

さらには先ほど説明した自分でHTMLを組んで画像を使う場合、ここでもaltを使って全部登録します。忘れないように。

h3タグを使う

これはHTML的には小見出しの意味があります。WEBページの場合、このh3タグはページに複数あってもOKです。また普通にdivとかで指定するより全然強いです。見出しはh3で作りましょうね。

タグIDやカテゴリーもね

タグIDは最近凄く重要です。これは商品にタグ付けをしてユーザーがカテゴリーだけでなく、横割きの状態で商品を探せるようにするものです。出来るだけ全部入れて下さい。カテゴリーも間違えやすいのでちゃんと商品にあった物を!

 

ここ迄でも日頃やれてない事があると思うんですがどうですか?

大事なのはアクセスをまず集める!

商品を売る売らないの前にまずこれですね。商品ページに出来る限り情報を詰め込み、少しでも見やすく、しかも足りない情報が無い!と言う所まで持って行きます。そこから日々RMSを見ながらCVRが悪いページを見ながら改善します。

滞在時間が長いけど売れない

これは迷ってる可能性があります。購入も含めて。なので類似商品のリンクを入れてあげたり、送料などの実際購入する為の情報や発送日数などを分かり易い所に表記してあげて下さいね。

アクセスが少ないけど売れる

これはもう人を集めます。楽天にはパンくずリストの位置にリンクを出せます。このリンクを全ての商品ページからその商品に貼ってあげたりしてください。内部リンクも結構大事です。

 

ちょっと長くなったので今日はこの辺で..w。

まとめ

大事なのは人が面倒だ!と思う事を以下にコツコツやるかだと思ってます。特にどのネットショップも潤沢に人がいる事がないです。今日書いた事が全部ではないんですが、ほぼこれで大きく売り上げ伸ばしてます。しかもどの店舗も。当然広告費やら商品の値段も大きな要因ですが、やれる事をしっかりやるだけで結構売り上げ変わりますよ。

 

www.shirousagi.site