白兎のまじメモ:WEBマーケッターの戯言雑記

WEBマーケッターでありフリーランスのECコンサルタントの白兎が書くまじなブログ

高年齢雇用継続基本給付金を60歳以上の人は知っておいて損はない!いや、知ってないとマズイ!

f:id:shiro-usagi:20191130213442j:plain

 

はい、白兎(@shirousagi_memo)です!^^。

最近、ちょっと良い事を書き始めてます(笑)今日も国から貰える給付金シリーズです。特にこの高齢化社会では絶対知っておいた方が良い給付金だし、申請するだけでもらえる物となります。

 

凄い!本当に最近白兎さん、物知りですね^^。

違うよ!少しでもこう言った制度は活用してもらいたくて調べてるの٩(ˊᗜˋ*)و

 

高年齢雇用継続基本給付金とは?

まず結論から簡単に説明すると、定年後(60歳の場合ね)も同じ会社に再雇用で働く人を応援する物で、60歳から65歳までもらえる給付金なんだよ。

 

 

最近老後2000万問題とかあったからねー。でも国はこう言った事を公にしないからね。あの発言の時、この事も同時に伝えてたらもっと国民の不安も減ったと思うんだよねー。

 

ちなみにもらえるのは65歳に達する月までね。要は65歳の誕生月までですよ。

60歳以上で給付金が貰える対象者は?

以下の条件に該当する人(ここ大事...)

  1. 60歳以上、65歳未満
  2. 雇用保険の被保険者期間が5年以上
  3. 60歳以降に失業給付の基本手当を受給してない事!
  4. 60歳以降、毎月の賃金が原則として賃金月額の75%未満で、かつ給付限度額以下であること!

 

ちなみに補足があって4番なんだけど、60歳になる直前の半年間(6ヶ月)の平均賃金をみて75%以下になる必要があるんだよね。また4番の限度額とは2018年の7月までの設定は35万7864円だそう。

 

ちょっと分かりにくいから簡単に説明しようかな?

 

簡単に噛み砕くと、60歳以上の人が同じ会社で再雇用になる。その時、過去の直近半年の平均月給を出してみて、再雇用後にその月給の75%以下になった場合が対象。月50万もらっていたら37万5000円で再雇用なら対象になる。

 

....が!

 

給付限度額が2018年までは37万5000円なので、もし60歳の直近の平均月収が70万とかならダメだね。70万だと再雇用で75%に落ちたとしても52万貰える事になる。ここ大事だね。要は再雇用の給料(月給)が37万5000円以下になる必要があるね。

どこに届けを出せばいいの?

近くのハローワークでOKだよ^^。

実際の支給額

f:id:shiro-usagi:20191130210535j:plain

 

やっぱりここまで書いてもピンとこないよね!なので実例でちょっと計算してみよう!( ̄∀ ̄)

 

高年齢雇用継続基本給付金は再雇用で大きく給料が下がった人が多く貰えるようになってるのはちょっと安心だね。

高年齢雇用継続基本給付金の給付金計算

 賃金日額(月の給料を30で割った数)が15000円だった。要は月給が45万になるね。定年後(60歳時)に25万になった!大変だ!その場合...

 

  • 本来:15000円×30日=45万
  • 定年後:8333円×30日=約25万

 

この場合、60歳までの給料に対して45%も下がった事になるね。その場合は上の説明が画像をであてはめると...上の列の15%支給される。と言う事は...

 

  • 25万×15%=3万7500円

上記が支給される!

 

月にして3万7500円は大きい!

 

そうなんだよね!年間で45万も支給される。このケースだと25万の給料になっても給付金を合わせると28万7500円となる。これはかなり大きい。地方なら一人暮らしの家賃位になるから侮れない....。

 

こんな制度を知らない人も多いよね!

ただし注意も必要!

それは年金と同じで途中でシステム自体が変る可能性がある。なので今対象の人は絶対申請に行こう。一度需給が始まると今まで傾向ならその人は旧制度で支給されるケースが多いと思う。

 

僕なんか年金の支給が75歳だよ...。

生きてる自信が無い(笑)

お金に困らない生活

本音を言ってしまえばこの歳でお金の心配をしたくない。これは誰でも同じ。特に老後2000万問題が出てからは間違いなくその世代の人はお金を使わなくなるし、その分国の経済が後退しかねない。

 

なのでやっぱり自分で増やす努力は絶対必要。これは本気で思うし、僕もこうやってブログをやったり仕事以外の収入を得ようと頑張ってる^^。 

自分の定年後は自分で守る!

▼こんな人には絶対必要な知識

  1. 定年後もなんとかなると思いつつも不安がある人
  2. 親の介護にかかるお金も心配な人
  3. 生涯、経済的にも心理的にも豊かな生活をしたい人
  4. 穏やかな定年後の生活を築きたい人
  5. 一生涯関わるお金のすべてを学びたい人
  6. 年金・保険・税金・資産運用などの、正しい知識を知りたい人 

 

自分の定年後は自分で守る。

 

今の時代、嘆いていてもしょうがない。なのでこの言葉通り、自分で何とかするべきだよね。

 

お金って知識が無いと絶対上手く活用できない。これはダイエットとかも同じ。痩せたいけど方法があってないとか、やり方が間違ってる。お金も全く同じ。逆に知ってると得をする事も多い。と言うか、今後はマネースキルは必須。

 

また書籍も良いよね!

 

これらを見てても分かる通り、60歳になってから60歳のお金の事と考えても全然遅い。なのでまだ間に合う50代でしっかり勉強しよう。絶対損はしないはず!