楽天市場攻略

ショッピングモールのイベントはSEOで商品を上げる大チャンス。必殺技をお伝えします!【楽天市場】

今日の話は特に楽天市場向けのお話なんです。比較的役に立つ情報なので、しっかり聞いて頂きたい内容なんです。

その前に、楽天市場ってお買い物マラソンは昔3か月に1回だったってご存じですか??それがいつの間にか、毎月になり、今では月2回が定番となりましたね。

ショップ運営者からすると…
「手間がかかる」
「セールだから値下げしないと」
「またポイント10倍つけないと」

とぼやきが聞こえてきそうですが、それでも楽天市場は売れます。また、イベントが増えるほど、実はSEOで上位表示させるチャンスなのご存じですか?

かめさん

ショップ運営者の方も大変なんだ…

ぼく

そうなんだよ。昔と違ってネットショップはもうかる!何て事はなくて、色々大変なんだよね。

楽天のイベントはSEOで順位を上げるチャンス!

まずこのお話をする前に大事な事を書いておかないとだめですね。皆さん、ショップ内検索窓って設置してますか?

ショップ内検索は楽天検索窓と同じ効果

楽天検索窓

ここから大事なのでよく聞いてくださいね。

楽天サーチから自分商品をクリックして購入した場合、楽天検索窓に入れたキーワードに対して、その商品はSEOで強くなります。ここまでは皆さんも感じていたと思います。

ショップ内検索窓

実は、ショップ内検索までも楽天検索窓と同じ効果が得られます。ここは知らない人も多いのでは?と思っています。

  1. ショップ内検索でサプリメントで検索
  2. その検索結果から自社商品を購入
  3. そのキーワードと商品の関連性がつよまりSEOであがる。

これって実は応用が凄く聞く方法なんです。

ショップ内検索の応用方法

ここではショップ内検索を使って、どうやって効果的にSEOを上げていくかの、いくつかの方法を上げておきますね。

メルマガを投げる

メルマガにはバナーを貼りますよね?そのバナーのリンク先って何にしてますか?商品ページダイレクトですか。

ここまで話せばわかると思うのですが、メルマガにバナーを掲載する際、ショップ内検索結果に飛ばして、そこからユーザーに商品を購入してもらいます。。そうする事で、楽天の検索結果に上位表示されてないキーワードでも、関連性を強める事が可能となります。

そう考えると、メルマガ自体の売利上げは少なくても、メルマガを投げる意味ってありますよね。

レフトナビのリンク先

これもメルマガ同様ですね。特にPCのレフトナビはカテゴリーに飛ばしてるショップがほとんどですよね。このリンク先をショップ内検索結果に飛ばしてあげてください。

大事なのはどのキーワードの検索結果なのか?

ショップ内検索の効果的な使い方がわかったとしても、狙うキーワードがずれてると全く効果ありませんので注意して下さい。

狙うキーワード(検索させるキーワード)は以下の事が大事です。

  1. 楽天検索で上位表示されてない
  2. ビックワードやミドルワードである
  3. その商品をそのキーワードで上げたい

上記の件を網羅して、初めて効果があります。

◇セールやイベントでの活用方法
ここでは楽天お買い物マラソンでの使い方をご紹介しますね。とはいっても一例なので、自分で色々工夫しながらやってみてください。

ビックワードでまとめる

ビックワードでショップ内検索をかけて、その検索結果に「お買い物マラソンセール一覧」などとしてクリックさせます。

どの商品を購入されても、そのビックワードで関連性がだせますので、特にお買い物マラソンや楽天スーパーセールなどは効果的です。

スーパーセール商品一覧とバナーではしておいて、リンク先はダイエットの検索結果にしておけば、どの商品を購入しても、ダイエットと言うキーワードとの関連性が取れます。

ダイエットなんて普通、かなりのビックワードですからね。

セールやイベントは色々なチャンスであることを理解する。

僕のクライアント様に、コストを削減したいので、イベント対応を弱めようと言う方が何人かいます。でもこれをやってしまうと競合との差が開くばかりなんです。

確かに気持ちはわかります。
でも、モールで戦っている以上、下げるのはイベント時の広告ではなくて、コストや仕入れ価格なんです。

人だまりがあるから売れる

実は今日紹介したショップ内検索の仕組みも人がいるからこそ効果があります。よく考えてみてください。日頃売れない商品を、スーパーセールやマラソン意で売ろうとしても売れないです。

寧ろ、他店の競合のほうがアクセスも多ければ売上も高い。なのでイベントを使うわけです。イベントであれば瞬発力がだせますので、目玉商品などを作って集客をかけて、今方法で何とかバナーをクリックさせて購入させます。

ここはもう、運営する人の技と知恵が発揮される部分なんです。

リピーター育成で楽に売り上げアップ

イベントの活用としてもう一つ上げるとすると、リピーター育成のための種まきです。種まきと言っても難し事をする必要ななく、サンキュークーポンを配って、ユーザーのアカウントに導線を貼っておきましょう。

また、リピーターが出来ると、新規ユーザーに比べて約30%~40%の客単価がアップとなります。これは大きいです。

僕がコンサルをやっている方には全員にリピーターの育成を訴えかけて、もっと楽に売り上げが取れるようにとお話をしてます。

まとめ

今日は比較的、有意義な事が書けたのでは?と思っています。特に楽天市場はちょっとしたアイデアで売り上げをアップさせることが可能なんです。日々の作業もこうやってみると、凄く意味のある事に感じますね。

頑張ってくださいね。

現役ECコンサルタント:
デジタルキャンバス代表・やまね
本業では企業に属したECコンサルタント。副業ではココナラでECコンサルタントの仕事をしています。EC歴15年。副業で月額2万円の本業さながらのECコンサルやってます。ブログも執筆。ECとブログで来年法人設立予定。コンサルの依頼はお問い合わせからお気軽に。
\ Follow me /